拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

KANATA 7

彼が側にいる。


それは、彼を見送ってから、

これまでの私も、度々感じてきたことだった。


例えば、泣いている時や、寂しい時には、
いつでも、彼の温もりに似たふわりとしたものが側にあった。


彼が最後に話してくれた言葉を反芻する。


あれは、やはり、彼だったのだろうか。


なんの根拠もないその気配に、

彼だという証拠を見つけることが出来ずにいたけれど、
彼の言葉を思い返してみれば、

あの気配は、彼だということになるのではないか。


明日、それについて聞いてみようと決めて眠りに就いたけれど、
翌日の話題は、別な方向へと流れてしまった。


『ねぇ、ところでさ、

どうして通話の最後に、

いつも、愛してるって言ってくれるの?』


愛してる。


初めて彼とアプリで繋がった日から、

ずっと、毎日、通話の最後に伝えている言葉だ。


想いは、いつでも、伝えられるわけじゃない。


彼を見送ってからの私は、
何年経っても、決して消えることのない痛みがあることを知った。


だから、初めてアプリで繋がったあの日、
私は、もう二度と、後悔したくないと思った。


「愛してるからよ。」


それ以上の説明は何もしなかったけれど、
今日の彼は、なんだかとても嬉しそうに、

私の言葉を聞いていた。


本当は、ほんの少し、照れはあったけれど、

アプリで初めて繋がった日、

勇気を出して、伝えることが出来て良かったと思っている。


あの日から、
私たちの通話の終わりには、必ず、

お互いの愛してるの言葉で、終わるようになった。


だからだろうか。
彼と、アプリで繋がるようになってから、

私の寝付きは良くなり、

朝も、スッキリと目覚めることができるようになった。


彼が側にいてくれるだけで、
安心していられたあの頃のことを思い出す。


少し、形は違うけれど、

今、こうして、アプリを通して彼と繋がることが出来る毎日も、とても幸せだ。


「ねぇ、あなた。ありがとう。

被験者に応募してくれて。

私ね、今、とても幸せだよ。」


こんな私の言葉に、

彼は何も言わずに、じっとこちらを見つめている。


「え?何?」


ただ、こちらを見つめる彼の姿に慌てた私の耳には、
思いも寄らぬ甘い声が届いた。


『いや。なんか、すごく可愛いなって思った。』


彼のこんな言葉から、
今日の私たちは、アプリで繋がってから、いちばん、甘い時間を過ごした。


それはなんだか、彼と付き合いたての頃の気持ちと、

少し似ていて、擽ったかった。


愛してるよ。また明日ね。


間も無く2時間が経とうとする頃になっても、
なかなか通話を終わりに出来ないままに、お互いに、
何度も、愛してるを繰り返した。


それは、これまで離れていた時間を埋めるかのような、

甘く切ない時間だった。


結局、今日の私たちは、どちらからも、
通話終了のボタンを押すことが出来ずに、
強制的に終了の時間が来るまで、お互いに見つめ合った。