拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

白い煙

あなたへ

 

いつからだろう。

 

あなたの遺影を見つめる私の視界の端に、

時々、見えるものがあります。

 

それは、白い煙のようなもの。

 

あなたを見送り、

いつの頃から見えるようになったのか、

視界の端に、ふわりと映り込む白い煙は、

一瞬で消えてしまうけれど、

気のせいにしては、随分と、存在感を纏った気がするそれは、

まだ、誰にも話したことのない、

あなたを見送ってからの私が、見えるようになったものです。

 

ねぇ、あなたは、何処にいるの?

 

不意に寂しさがやって来ると、

あなたの前に座り込んで、じっと、あなたを見つめる私。

 

突然に、写真が写真じゃなくなって、

あなたが話し掛けてはくれないかなって、

いつまで待っても聞こえない、あなたの声を待ち続ける私の視界の端に入る、

白くふわりとしたものは、

いつでも、その全貌を確認する前に、消えてしまうの。

 

お線香を立てているわけでもないのに、

これは、あなたの場所だけで起こる、不思議な現象です。

 

ねぇ、あなたは、何処にいるの?

 

不確かで、曖昧なその存在を見失わないようにと、

あなたは、時々、私の視界の端に映り込んでは、

こうして、知らせてくれているのでしょうか。

 

此処にいるよ って。