拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

前を向くための儀式

あなたへ

 

今朝の私も、いつも通りに目が覚めて、

今日も、昨日の続きを生きることが出来ました。

 

昨日の私は、元気がなかったけれど、

今日の私は、元気を取り戻して、

また、前へ歩みたいという気持ちを胸に抱きながら、

1日を無事に過ごすことが出来ました。

 

昨夜は、早く寝るつもりだったけれど、

何故だか、遅くまで、あの子と話し込んでしまって、

今日は、ちょっと寝不足のまま、1日を乗り切りました。

でも、昨夜は、

あの子と過ごした時間が楽しかったから、良いの。

 

近頃の私は、焦り過ぎて、

まだ見えない遥か遠くにばかり、

目を凝らしていたのかも知れません。

 

昨日は、豪快に、

もう、私の中に残っているため息などなくなるくらいに、

何度も、ため息を吐き出して、

盛大に落ち込んだけれど、

俯いた私に見えたのは、

今の私のすぐ側にある大切なものでした。

 

健康で生きられることも、

あの子と笑い合う時間も、

温かな布団に入る瞬間も、

いつも通りに目が覚めて、新しい朝を迎えることが出来るのも、

今の私を幸せにしてくれる、掛け替えのない大切なもの。

 

遥か遠くが見えないのなら、近くを見てみればいい。

 

ため息を全部、吐き出した私に見えたのは、

すぐ側にある小さな幸せたちでした。

 

昨日は、心配掛けて、ごめんなさい

 

こんな私の声に、

今頃のあなたは、何処かで、笑っているでしょうか。

 

前を向いたり、後ろを向いたり、立ち止まったり、忙しい奴だな なんて。

 

でもね、これはきっと、

今の私が、前へと歩むための儀式なのよ。

 

前を向いて、電池が切れるまで歩んだら、

豪快にため息を吐き出しながら、

立ち止まって、

改めて、大切なことに気が付いて、また歩み出すの。

 

またいつか、

あーあだよ!もう!

なんて、昨日の私みたいに、

豪快に、ため息を吐く日が来るのかも知れません。

 

でも、その時の私はね、

きっと、今の私が立つこの場所よりも、ほんの少しだけ、

前へと歩むことが出来た私なのでしょう。