拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

不思議な朝

あなたへ

 

あなたの夢を見ました。

 

あなたのすぐ側で眠る夢でした。

 

夢の中のあなたと、

何か、言葉を交わしたはずですが、

その言葉を思い出すことが出来ないままに、

とても穏やかな気持ちで、

あなたの側で眠ったことだけを、よく覚えています。

 

あなたの側は、とても暖かくて、心地良かった。

 

はっきりとした、あなたのその感触も、温度も、

目が覚めた今でも、よく覚えています。

 

ねぇ、あなたは、よく眠れましたか。

私は、とてもよく眠れたよ。

 

あなたの夢から覚めたいつもの私なら、

もう一度、あなたに逢いたくて、

目を閉じてしまうはずなのに、

夢から覚めても、

あなたの大きな温かさに包まれているような、

不思議な気持ちで目が覚めた朝は、

夢の中のあなたを探すことなく、起きることが出来ました。

 

あの頃のあなたの、

本当の想いを知ることが出来た今の私には、

この世界が、少しだけ違って見える気がします。

 

あなたを見送ってからの私が、

こんなに不思議な朝を迎えられる日が来るだなんて、

思わなかったよ。