拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

食欲の大波

あなたへ

 

話に聞いていた男の子のよく食べる時期。

あの子にも、そんな時期がやって来たのは、

昨年の冬の頃のことでした。

 

あの頃の私は、

これが、先輩の言っていた男の子の食欲というものか

などと、とても感心しながら、

たくさん食べるあの子を眺めたのでした。

 

非常にたくさん食べる時期と、たくさん食べる時期。

あれからのあの子の食欲には、そんなふうに、波がありました。

 

波の水準は高く、

たくさん食べることには変わりありませんでしたが、

食べても食べても、まだまだ足りない

こんな食欲旺盛過ぎる波が、度々、訪れたのでした。

 

男性向けの2段のお弁当箱。

ご飯の段には、出来るだけ、たくさんご飯を詰めて、

おかずの段には、はみ出んばかりにおかずを詰め込んで。

それから、おにぎりや、お菓子。

 

これは、あの子の食欲が旺盛になった頃からの、

お弁当のセットでした。

 

あの子がお腹を空かせないようにと、たくさん持たせたつもりでも、

全然足りなかった なんて、

校内でお買い物をすることもしばしば。

 

このスタイルは、

専門学校へ通うようになってからも変わりませんでしたが、

突然に、お弁当箱のご飯の量を減らして欲しいと言われたのは、

あの子が、専門学校生活に慣れ始めた頃のことでした。

 

朝ごはんをあまり食べないあの子にとって、

お弁当の他に持たせるおにぎりは、朝ごはんのようなもの。

 

おにぎりは、これまで通りに作って欲しいけれど、

お弁当箱のご飯の量を減らして欲しいと、

あの日のあの子から、こんなリクエストがあったのでした。

 

ここ数ヶ月のあの子の食欲の波は、

これまでにないほどに落ち着きを見せ、

それは、

たくさん食べる時期の終わりの時のようにも感じました。

 

たくさん食べる時期を過ぎ、

また少し、大人へと近づいたのかなって。

 

料理が得意か苦手かと聞かれれば、苦手。

料理が好きか嫌いかと聞かれれば、嫌い。

 

どんなに料理のレパートリーが増えようとも、

こう即答する私は、ずっと変わらないはずなのに、

随分と食事の量が減ったあの子の姿に、

寂しさを見つけたのは、いつのことだったでしょうか。

 

もう食べないの?

 

うん、ご馳走様

 

こんな会話が、日常へと戻って来ましたが、

突然に、あの子の旺盛な食欲の波が新たに訪れたのは、

先日のことでした。

 

それも、これまでよりも、非常によく食べる、

とても大きな食欲の波です。

 

お昼ご飯、足りなくて、カップラーメンを買ったよ

 

これは、先日のあの子の言葉。

 

ご飯の量を、多めへと戻したお弁当と、

大きなおにぎりを2つ持たせた日のことでした。

 

近頃の私は、

毎日のあの子の食事のことで、頭がいっぱいです。

 

これ、おかわりある?

 

あの子のこんな言葉に、

私は、とても、ウキウキとしてしまうのです。

 

料理は、苦手だし、好きではない。

こんな私のはずでしたが、

此処に戻って来た、あの子の食欲との戦いの日々を、楽しみながら、

気が付いてしまいました。

 

私は、あの子のために料理をすることが、

好きだということを。

 

きっとね、いつの日か、あの子の旺盛な食欲の波にも、

本当の終わりの時が来るのだと思います。

 

それはきっと、

お弁当のご飯の量を減らして欲しいと言われた日のように、

突然にやって来るのでしょう。

 

あの頃は、あんなにたくさん食べていたのにねって、

いつの日か、今のあの子の姿を、

懐かしく思い出す日が来るのでしょう。

 

その頃のあの子は、

どんなあの子になっているのでしょうか。

 

今のこの時を振り返る未来を楽しみにしながら、

今は、あの子の食欲の大きな波を、

精一杯、楽しんでみたいと思います。

 

 

www.emiblog8.com