拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -クリスマスパーティー-

クリスマスパーティーの準備を整えながら

部屋中を見回してみる

 

もしも運命が違っていたら

今日の此処には

どんな時間が流れていたのだろうかって

 

あれから7回目のクリスマスパーティー

 

思えば

あの頃よりも

随分

形が変わったな

 

住む場所が変わり

あの子の成長に合わせてパーティーの日程が変わった

 

クラッカーの音

乾杯の声

話し声も

笑い声も

全部2人分

 

彼が此処にいない日常には

決して慣れないままに

思えば

あの頃から

随分

歩んで来たんだな

 

あの子は車を運転するようになり

私は彼よりも2歳年上になった

 

クリスマスパーティーの準備を整えながら

部屋中を見回してみる

 

住む場所が変わっても

クリスマスパーティーの日程が変わっても

此処に変わらないものも

ちゃんとある

 

テレビに向かって左側の席は彼の席

その向かい側が私の席

真ん中にあの子の席

 

此処へ引っ越してからも

席順が変わっていないこと

彼は気付いているかな

 

3人分の食事の準備を整えて

目を閉じてみる

 

今夜は我が家のクリスマスパーティー

 

きっと彼は

もうすぐ此処に