拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -クリスマスプレゼント-

メリークリスマス

 

とても小さな声で

そう声を掛けてみる

 

今夜の私の声は

きっと彼には届かないだろう

 

だって

1年の中で いちばん小さな声だもの

 

そうして

彼には気付かれないように

そっと

クリスマスプレゼントを置いた

 

明日の朝

どうか彼の枕元に

このプレゼントが届いていますようにと

願いを込めて

 

きっと今夜の私の声が

聞こえなかった彼は

プレゼントに驚くはず

 

いつ置いてくれたの?って

 

もう

その喜ぶ顔を

見ることは出来ないけれど

きっと あの頃と同じ顔で

笑ってくれるだろう

 

明日はクリスマス

 

どうか

向こう側の彼が

幸せな気持ちで

満たされますように