拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

年賀状 -2020-

あなたへ

 

クリスマスが過ぎ、年末へと近づいた頃になって、

漸く、バタバタと年賀状の準備をするのが、

毎年の我が家の恒例でしたが、

今年は、我が家でのクリスマスパーティーが、

早めだったからでしょうか。

今年の私は、パーティーが終わると早々に、

年末モードへと入りました。

 

思えば、コロナウイルスという言葉を初めて聞いたのは、

今年が始まったばかりの頃のことでした。

 

この不自由な生活も、

間も無く1年になるのだと、改めて、振り返りながら、

年賀状の準備を整えました。

 

みんな元気でいてね

これは、切に願う私の気持ち。

 

今年の私は、時間を掛けて、年賀状と向き合いながら、

大切な皆の無事を祈りながら、

1枚1枚の年賀状を、丁寧に仕上げることが出来ました。

 

年賀状を書きながら、思い出していたのは、

2年前に書いたあなたへの手紙のこと。

毎年、同じ漢字を間違えてしまうよって。

 

あれからの私は、立派に進化を遂げ、

今では、書き損じ葉書は、ありません。

 

どうですか。

凄い進化だとは、思いませんか?

 

何故だか、年賀状を書く時だけ、

同じ漢字ばかりを間違えていた私が、

こうして成長出来たように、

きっと、いつまでも同じであり続けることというのは、

数少ないことなのでしょう。

 

今は、まだ、我慢の時ですが、

いつか、あの頃は大変だったねと、

今のこの状況を過去として振り返ることが出来る日を願いながら、

年賀状の投函を終えました。

 

 

www.emiblog8.com