拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あの子が100歳になる日まで

あなたへ

 

じいちゃんと、

お父さんと、

お母さんのばあちゃんと、

じいちゃん。

 

4本の指を折り、やがて、

ため息を吐き出したのは、先日のあの子でした。

 

4人。

これは、あの子が向き合った、

そちら側へ見送らなければならなかった人の数です。

 

ねぇ、俺、多過ぎない?

 

あの子のこんな声に、言葉が詰まりました。

 

思えば、私があの子くらいの年齢の頃には、

まだ、多くの別れを知らずにいました。

深い悲しみと向き合うことを知らないままに、

また明日ね の約束は、

永遠に、訪れるものなのではないかとさえ考えていました。

 

あの子は、まだ18歳であるにも関わらず、

焼香の仕方も、収骨の仕方も、

見送るまでの段取りを、よく知っています。

 

多い・・・よね

 

あの子の言葉に、

漸く、口を開くと、あの子は、言いました。

 

お母さんは、長生きしてね

俺が、100歳になるまで生きていてねって。

 

先月、私の父が息を引き取り、

あの子にとっても、

とても大切だった存在が、またひとり、この世を去りました。

 

永遠など、この世に存在しないことを、

早くから学ばなければならなかったあの子は、

きっと、想像してしまったのでしょう。

いつの日か、私が此処からいなくなる日のことを。

 

えぇ?お母さん、その頃いくつ?ギネスじゃん!

 

なんて、戯けて返した私の言葉に、

一瞬、寂しそうにしたあの子の顔が、忘れられません。

 

人は、いつか死んでしまう

それを重く受け止めるには、あの子は、まだ若すぎる。

寂しそうに、私を真っ直ぐに見つめたあの日のあの子の瞳は、

あなたが知らない色をしていました。

 

あの日の私は、

あの子が100歳になった頃の自分が、

此処で生きている姿を想像することが出来ずに、

戯けた言葉を返してしまったけれど、

あの子の寂しそうな瞳の色を忘れることが出来ないまま、

真剣に、ずっと先の未来についてを考えました。

 

あの子が100歳になるまで、

私が生きることは可能なのかどうなのかを調べてみると、

ギネス世界記録には、世界一の長寿として、

122年と164日を生き抜いた方が登録されていることを知りました。

また、ギネス非公式記録であり、真偽は不明ですが、

256歳まで生きていたとされている方もいらっしゃるようです。

 

ものすごく頑張れば、私も、可能性としては、

ゼロではないのかも知れません。

 

せめて、あの子が社会に出るまでは、私は生きなければならないと、

自分の生に対して、初めて目標を立てたのは、

あなたを見送ったばかりの頃の私でした。

 

あれから、あの子の成長を見守りながら、

少しずつ、その目標が伸びていったのは、

長生きしてねと、

時々、あの子がくれる言葉があったからでした。

 

私が、この世を去る日には、

 

あの子の隣に、大切な人が居てくれたらいいな

 

あの子が、孫を抱く姿を見ることが出来たらいいな

 

もし、可能であれば、

老衰で、この世を去ることが出来たのなら、

あの子の悲しみは、減るのかも知れない と。

 

そこに具体的な年齢設定はないままに、

漠然とした時期を思い描いてきましたが、

あの子が100歳まで生きるつもりなら、

そして、

あの子が、それまで私の生を望んでくれるのなら、

叶えてやりたい。

 

せめて、私とのお別れの日は、

あの子が涙を流すことなく、

楽しかったと、ただ、懐かしく、

私との時間を振り返ってくれるように。

 

私の父が亡くなった日、

静かに涙を流していたあの子の姿を思い出します。

 

私が此処からいなくなる日には、

悲しい思いはさせないからね

 

もしも願いが叶うのなら、

あの子が100歳のお誕生日を迎える日を見守りたいと、

改めて、目標を立てました。

 

 

www.emiblog8.com