拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

お父さんになった日

あなたへ

 

どんなに頑張っても、私は、あなたには、なれませんでした。

 

あなたを見送り、

あなたの分まであの子を守ると決めた私は、

時に、あの子のお父さんにならなければならないのだと、

努力を重ねながら、

私は、あなたになることは出来ないのだと知ったのでした。

 

どんなに頑張っても、私は、

あなたには、なれなかったけれど、

それでも、

どうしても、

父親であるあなたにならなければならなかった日がありました。

 

今日は、

一度だけ、私があの子のお父さんになった日の話をします。

 

あの子が、バイクに興味を持つようになったのは、

あなたを見送り、どれくらいが経った頃だったでしょうか。

 

中学生だったあの子は、

バイクのプラモデルを作っては眺め、

バイクの雑誌を眺め、

それはそれは、とても楽しそうに、

バイクのことを私に話して聞かせてくれたのでした。

 

あの頃の私は、

バイクに乗る自分を夢見るあの子を見守りながら、

ひとつだけ、決めていたことがありました。

 

あの子がバイクに乗れる年齢になったら、

絶対に、バイクに乗ることに反対しないということでした。

 

そうしてやって来た、あの子が16歳になる頃。

 

教習所へ通う手続きや、どこでバイクを買うのか。

着々と、ことが進む中、

バイクは危ない乗り物だという、

私の中でのその気持ちを消し去ることが出来ずに、

その時が近づけば、近づくほどに、

怖くなってしまったのでした。

 

あの子がバイクに乗ることに、

絶対に反対しないと決めていたはずなのに。

 

もしも、あなたが此処にいてくれたのなら、

私は、きっと、何も迷わずに、反対したのでしょう。

 

バイクは危ないから、辞めて欲しい と。

 

あの子のことを心配し、ただ、反対する私に、

あなたはきっと、こう言ったの。

 

気を付けて乗れば大丈夫だよ

じゃあさ、あの子が運転に慣れるまでは、

俺が必ず一緒に走るよ

 

そうだ

俺の後ろに、お前も乗れば良いよ

ヘルメット買わなきゃね

どんなヘルメットがいい?

ピンクのヘルメットもあるんだよ

 

そう言って、あなたはきっと、

インターネットで、私が好みそうなヘルメットをみつけて、

私に見せてくれるの。

 

これ、可愛いと思わない?

 

そんなふうに、私も楽しみに出来るような提案をして、

あなたは、あの子の背中を押したのでしょう。

 

バイクの免許を取ったら、3人で、何処かに出掛けようね って。

 

そうして、きっと、

あなたは、私に掛けた魔法が解けないうちに、

私のヘルメットを購入し、

私が、更にバイクで出掛ける日を楽しみに出来るように仕向けたのでしょう。

 

あなたは、私の扱いが、とても上手だったもの。

 

あなたが此処にいてくれたのなら、

私は、母親であれば良かったのです。

 

私がどんなに反対しようとも、

バイクの世界を知るあなたが私を説得し、

あの子の背中を押してくれたのですから。

 

あの頃の私は、此処にいないあなたを想いながら、

どうしても、今だけは、

あの子のお父さんにならなければならないのだと思いました。

 

16歳からバイクの免許を取得出来るのは、国から与えられた権利です。

個人的観念から、

私が、あの子の権利を奪って良い訳がありません。

 

あの頃の私は、

バイクの免許を取るのか、取らないのか。

選ぶのは、あの子の権利なのだとも考えました。

 

たくさん悩みましたが、

私は、あの日、勇気を振り絞って、あの子の父親となり、

精一杯、あの子の背中を押しました。

 

そうして、

あの子は無事に、バイクの免許を取得し、

お気に入りのバイクに出会いました。

 

誕生日が早いあの子の友達は、先に免許を取得し、

あの子と一緒に走れる日を、とても楽しみに待っていてくれました。

 

バイクの免許を取ったことがきっかけで、

同年代から、歳の離れた年代まで、たくさんの人たちと出会い、

あの子の世界は、更に広がっていきました。

 

あの子が話して聞かせてくれるのは、

私の想像を遥かに超えた、素晴らしい世界。

 

私が知らない世界を楽しそうに語ってくれるあの子は、

いつでも、キラキラと瞳を輝かせ、

バイクに乗っていて良かったと話してくれます。

 

どんなに掃除をしても、すぐに散らかるあの子の部屋ですが、

散らかった部屋の片隅に、大切そうに置かれているのは、

いつもピカピカに磨かれた、バイクのヘルメット。

 

あの時、あの子のお父さんになることが出来て良かった。

 

あの子の部屋を眺めながら、

2年前、たった一度だけ、

私がお父さんになった日のことを思い出しました。

 

 

 

www.emiblog8.com

 

 

 

あなたへ

 

あれは、あなたと結婚し、どれくらいが経った頃だったでしょうか。

 

あなたが側にいる時に、

変わったばかりの姓で呼ばれた私が、

返事をした日のことを思い出していました。

 

あの時のあなたは、とても嬉しそうな顔で言いましたね。

 

すぐに返事するんだね

もう、慣れた? って。

 

あなたと同じ姓で呼ばれるのが、

嬉しくて、なんだか擽ったかったあの頃。

 

思い返せば、私は、初めから、

その姓で呼ばれることに、違和感はなく、

すぐに、私の中で馴染んだのでした。

 

目に見えない不思議なことというのは、

きっと、この世に数多く存在するのでしょう。

 

何故だか、私は、幼い頃から、

旧姓で呼ばれることに、違和感のようなものがありました。

 

生まれた時から、その姓でしたから、

呼ばれれば、すぐに返事はしますが、

何故か、その姓を名乗ることに、

表現し難い何かが、潜んでいたのでした。

 

あなたと結婚し、

私は、あなたの姓を名乗るようになりましたが、

これまでに一度も、

この姓を名乗ることに、違和感を感じたことはありませんでした。

 

これまでの私は、

そのことについて、深く考えたことなどありませんでしたが、

今思えば、

私は、初めから、

この姓になることが、決まっていたのかも知れません。

 

先日、旧姓だった頃の、

懐かしい人との再会があったからでしょうか。

 

ふと、思い出した姓が変わったばかりの頃のこと。

 

あの頃の記憶を辿ってみれば、

ほらね

ここに、またひとつ。

 

きっと私たちは、

運命だったんだよって、言える証拠をみつけたよ。

 

 

www.emiblog8.com

 

 

 

財を持つ人

あなたへ

 

あの子が通った小学校の近所にある駄菓子屋さんを覚えていますか。

 

近所の小中学生で賑わい、あのお店の周りには、

いつでも、たくさんの子供たちが集まっていましたね。

 

あの子もまた、他の子たちと同じように、

あのお店へと出入りするようになったのは、

小学生になり、暫くが経った頃からでした。

 

顔馴染みになった店主と、たくさんの話をしたあの子。

日々の出来事を聞かせてくれるあの子の話しの中には、

時々、あのお店の店主の話がありました。

 

高校生になると、皆、来なくなっちゃうんだよね

寂しいものだよ

 

そんなふうに笑っていた店主の話を聞かせてくれたのは、

あの子が間も無く、高校生になろうとしている頃のことでした。

 

俺たちは、高校生になっても来るよ

 

店主との談笑の中、あの子はそんな言葉を返したそうですが、

あの子も、一緒に通った友達も、例外なく、

高校生になると、あの店から足が遠のいたのでした。

 

交友関係が広がり、行動範囲も一気に広がる高校生活。

遊びやアルバイトと、多忙にもなるその時期が来ると、

きっと誰もが皆、自然と、あのお店を卒業していくのでしょう。

 

そんな、この辺りの小中学生の憩いの場だったあのお店ですが、

この春を目前に、閉店になりました。

 

噂によれば、

店主の体調が、あまり優れないことから、閉店を決めたとのことでした。

 

閉店の噂を聞いたあの子は、お店の最終日に、

店主へのお別れの挨拶に出掛けました。

 

店内は、ほぼ空っぽで、もう、売り物は残っていなかったけれど、

店主の顔を見に、たくさんの人が訪れていたようでした。

 

近所の子供たちはもちろんのこと、

幼子を連れた若いご夫婦から、

私たちくらいの年代の方まで、

様々な人たちが、お店に集まっていたそうです。

 

俺のこと覚えてる?

そう声を掛けると、

覚えているよと、笑顔を見せてくれた店主と、暫し、

思い出話に花を咲かせたあの子。

 

体を壊したって聞いていたけれど、元気そうだったよ

 

あの日のあの子の話は、

そんなふうに締め括られたのでした。

 

あの子の話を聞きながら、

いつかのあの子が話してくれた、店主の話を思い出していました。

 

店主は、昔、別な地で、商売をしていたそうです。

 

その商売は、大成功し、かなりの財を得ました。

きっと、これからその商売を、

どう広げていこうかと考えていたことでしょう。

 

ですが、そんなある日に、

店主のご家族が体調を崩してしまったのです。

 

店主は、それまでの商売を辞めて、

故郷であるこの地へと戻り、あのお店を始めたそうです。

 

近所のあのお店は、儲けのためでは無く、

店主の趣味なのだと、

あの時のあの子は、話して聞かせてくれました。

 

聞けば、あのお店には、

30年ほどの歴史があるそうです。

 

店の閉店の噂を聞きつけ、

あのお店を卒業していった、

たくさんの、かつての子供たちに囲まれて、閉店することが出来たこと。

 

きっと、店主は、この上ない幸せを胸に、

お店を閉めることが出来たでしょう。

 

この辺りで育った私ですが、

ここからは、少し離れた学区で育ちました。

 

私は、あのお店の存在を知らずに、大人になりましたが、

この地で子育てをしながら、

あの子を通して、店主を知り、

店主から、大切なことを学ばせて貰った気がします。

 

店の閉店から、間も無く1ヶ月が経ちます。

 

鎖が張られ、静寂とした敷地を眺めながら、

一度だけ、店主と言葉を交わした日のことを思い出しました。

とても気の良さそうな店主であったこと、

今でも、よく覚えています。

 

店主が、いつかのあの子に聞かせてくれた昔話には、

きっと、語られることのなかった、

計り知れない苦労や苦悩もあったことかと思いますが、

他の地では、数字に見える財を。

そして、この地では、お金では買えない財を。

 

その苦労の分だけのたくさんの財を手に、

きっとこれからは、奥様と2人、

静かに、ゆっくりとした時間を過ごして行くのでしょう。

 

人の数だけ、人生があり、物語があるのだと思います。

あの子を通して知った店主の物語に、

私は、たくさんことを教わりました。

 

静かになった敷地の前を通る度に、

私はきっと、店主の物語を思い出すのでしょう。

 

店主の穏やかな幸せを、そっと祈りながら。