拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

目に見えない財産

あなたへ


何でも話せる家族になろう


あなたが、
こんなふうに言ってくれた日のことを、覚えていますか?


あれは、私たちの結婚が、決まったばかりの頃のことでした。
これからのことや、
どんな家族になりたいか、
あなたの想いを、たくさん聞かせてくれたことがありましたね。


その中のひとつ。


何でも話せる家族になろう


こんな言葉がありました。


どんなに小さなことでも、話し合おうね
あなたは、そう言って笑ったんでした。


その言葉の通り、私たちは、何でも話し合いましたね。


楽しかったこと
面白かったこと


新しい発見をしたこと
ちょっと困ったこと


時々には、愚痴もあったけれど、
嫌なことは笑いに変えて、あなたと一緒に吹き飛ばしました。


何も話したくないくらいに落ち込んで帰った日には、
何かあったでしょ?聞かせて
って、あなたは、黙って、私の話を聞いてくれたんでした。


あの時は、何も話せないくらいに、落ち込んで帰ったはずだったのに、
あなたに話しながら、
言葉にしてみたら、大したことじゃなかった なんて、
元気を取り戻して笑った私に言ってくれましたね。


黙って抱え込むと、
小さなことが重大なことのように感じることもあるんだよ と。


あの日、あなたが言ってくれた言葉の通り、何でも話してきたあなたと私。


やがて、あの子が生まれ、成長し、
そこには、あの子も加わった、
何でも話せる家族3人のかたちがありました。


ずっと続くと思っていた、
当たり前だった、私たち3人の家族のかたち。

 


あの夏、あなたを見送り、
あの子と2人だけになった我が家。


現在も、あの頃のまま、
何でも話せる家族のかたちがここにあります。


大きくなったあの子とは、
一緒に過ごす時間が、随分と少なくなりましたが、
朝の時間や、夜、寝るまでの短い時間の中に、
あの子との会話が凝縮されているように思います。


その日の出来事や、友達との話。
笑ってしまう話。
そして時には、真面目な話。


話し込み過ぎて、寝る時間が遅くなることもしばしば。


え?もうこんな時間?って、慌てて布団に入りながら、
あの子との会話を反芻し、
あの子の成長や、新しい発見に、喜びを感じながら、目を閉じる夜は、
心地のいい眠りに就くことができます。


何でも話し合える家族のかたち。


あなたと一緒に作ってきたこのかたちは、
あなたが此処にいなくても、ちゃんと遺っています。


あの頃と変わらない我が家のこのかたちは、
あなたが遺してくれた
「目に見えない財産」


あの子とお喋りをしながら、ふと、そんなことを考えました。

 

 

 

 

あなたと過ごしたかった場所

あなたへ


先日、急に思い立って、ひとりで散歩に出掛けてからというもの、
時々、ひとりで散歩に出掛けるようになりました。

 


あれは、あの子が間も無く中学校へ上がる頃のことでした。


あの子に、手が掛からなくなったら、
夫婦でどんな時間を過ごすの?


そんなことを聞かれたことがありました。


あの時の私は、


あの子が、私たちと過ごすより、
友達との時間を選ぶようになったら、
あなたとふたり、
恋人の頃みたいに、2人の時間を大切にしたい


そんなふうに答えたんでした。


そんな会話から数ヶ月後、
あなたは、此処から旅立ち、
あの子と2人、協力しながら、
寄り添うように生きてきましたが、
あの子は、徐々に、家にいるよりも、友達との時間を優先するようになりました。


嬉しそうに出掛けるあの子を玄関先で見送りながら、
あの頃、楽しみにしていた、
あなたと過ごす筈だった時期が、やって来たんだと思いました。


あなたと2人で過ごす時間が出来たら、
ゆっくりと散歩をしてみたい。


これは、あの頃の私の夢のひとつでした。


今までの私は、
ひとりで公園に出掛けるなんて、考えられないことでしたが、
何故だか、あの日、ひとりで散歩に出て以来、
あなたと行きたかった場所へ散歩に出掛けるようになりました。


もしも今、
あなたとふたりで時間を過ごすことが出来たのなら、
私たちは、どんな時間を過ごしていたでしょうか。


たまには、散歩しない?
そんな私の言葉に、あなたはきっと、


外は暑いから嫌だよ
なんて、言いながらも、
夕方なら、行ってもいいよって、言ってくれるのでしょう。


暑さが和らぐ夕方の、心地の良い風が吹く公園で、
私たちは、どんな時間を過ごすことが出来たのでしょうか。


きっと、いつかみたいに、何故か敬語で、
たまには、手でも繋ぎますか?って、
あなたは、私の大好きなその手を、
こちらに差し出してくれるのでしょう。


いつでも、私の歩調に合わせてくれたあなた。


きっと、ふたりでゆっくりと歩きながら、
色々な話をしたのでしょう。


あの子が小さかった頃の話や、
私たちが出会った頃の話。


出会ったばかりの頃に戻ったみたいだねって言ったら、
あなたは、なんて言ってくれたのかな。


あなたの大きな手に包まれながら、
どんなに素敵な時間を過ごすことが出来たでしょうか。


あなたと過ごしたかった場所での時間は、
あの頃のあなたに逢える気がして、
今日もまた、公園のベンチに座り、暫くの時間を過ごしました。


夕方の公園で、空を見上げながら、
あなたと過ごす筈だった時間を想い、
あなたのその大きな手に、
もう一度だけ、触れたくなりました。

  

www.emiblog8.com 

 

 

 

 

 

www.emiblog8.com

あなたの笑顔

あなたへ


あなたの夢を見ました。


それは、
あなたが、とても楽しそうに笑っている夢でした。


あなたが、あまりにも楽しそうに笑うから、
つられて私も笑いながら、
とても楽しい気持ちで目が覚めたんでした。


あなたの笑顔は、あの時のまま、
見ているこちらまでもが、幸せな気持ちになってしまうような、
私の大好きな顔でした。


とても短い時間でしたが、本当に、楽しかった。


あなたがたくさん笑ってくれたから、
今日の私は、
いつもよりも、笑顔で、1日を過ごすことができました。


きっとね、あなたの笑顔には、
人を幸せにする魔法が掛かっているんだよ。


見ているだけで、
幸せな気持ちになってしまう素敵な魔法。


だから、
きっと何処かで、笑っていてくださいね。


きっと何処かで、
たくさんの誰かと、たくさん笑っていますように。