拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

残りの命を知らないままで

あなたへ

 

あの頃の私が、あなたとのお別れの日を知っていたのなら、

今とは少しだけ違う何かが残っていたのでしょうか。

 

どうにもならないことであることを理解しながらも、

私は時々、考えてしまいます。

 

どんな時間を過ごせれば、良かったのだろうかって。

 

もしも、今の私が、あの頃の自分に会うことが出来たのなら、

私は、伝えるのだろうか。

 

回復しているように見えているけれど、

彼は、もうすぐ、いなくなってしまうよ

だから、後悔しないように、1日1日を大切にね

 

きっと、今の私なら、

あの頃のあなたに、

たくさんのことを伝えることが出来るのでしょう。

 

もっと、素敵な時間を過ごして、

あの頃の私には言えないような、

恥ずかしくなってしまうような言葉も、

伝えることが出来るのでしょう。

 

あなたからも、

素敵な言葉のプレゼントがあったのかも知れません。

 

今の私が知らないあなたの顔を見ることが出来たのかも知れないし、

あなたのことを、あの頃よりも、もっと、

幸せに出来たのかも知れません。

 

今の私なら、きっと。

 

でも、あの頃の私は、

きっと、何も出来ずにいるのでしょう。

 

毎日、こっそりと、泣いて泣いて、

あなたの前で、笑顔を見せることなんて出来ずに、

心配するあなたに、何もかもを話してしまうのかも知れません。

 

そうして、

どこにも行かないでって、あなたにしがみついたまま、

大泣きしてしまうのかも知れません。

 

じゃあ、今の私が、

あの頃のあなたの側に寄り添えばいいのかと言えば、

それは違うの。

 

あの頃のあなたと向き合うのは、

あの頃の私でなければいけないの。

 

それなら、どうすれば良かったのか。

 

何度も、想いを巡らせながら、

私が出した結論は、

きっと、あのままで良かったのだということ。

 

普段通り。

 

悲しいけれど、あの頃の私たちはきっと、

何も知らないままで良かったの。

 

だって、

私たちは、最後まで、希望を持っていたね。

 

あなたが家に帰って来る日を楽しみに、

退院したら何をしようか

何処に行こうかって、たくさんの未来の話をしました。

 

いつも通り。

 

また明日ねって、病院の玄関までお見送りしてくれたあなたは、

いつも笑っていたね。

 

明日の話が出来た私たちは、幸せだった。

 

もしも、今の私が、あの頃の自分に会うことが出来たとしても、

私は、きっと、何も伝えずに、

そっと影から見守るのでしょう。

 

いつも通りを過ごす家族3人の笑顔をただ、遠くから見守りながら、

どうかその時間が永遠に続きますようにと願い、

黙って立ち去るのでしょう。

 

遺された側の人間は、

例え、どんなに尽くすことが出来たとしても、

時々、後悔するものなのかも知れません。

 

あなたは、最期の時まで幸せだったでしょうかと、

空の彼方へと問いかけながら、

私はこの先も、あなたを想い、生きていくのでしょう。

 

 

 

抜け落ちた記憶

あなたへ

 

私は、どれだけの記憶を、

あの夏に置いてきてしまったのだろう。

 

あなたが好きだった缶コーヒーを眺めながら、

そんなことを考えていました。

 

先日、ふと、思い出して、

あなたにお供えした、缶コーヒー。

 

実はね、

あなたが好きだった缶コーヒーを、

これまでに一度も思い出さなかったことが、

なんだか、とてもショックだったの。

 

だって、草取りの時のジュースタイムは、

私たちにとって、何度も過ごした恒例の時間だったもの。

 

お盆には、あなたが好きだったものをたくさん揃えて、

あなたをお迎えしていたつもりだったのに、

どうして、今まで一度も、缶コーヒーのことを、

思い出すことがなかったのだろうって。

 

人は、強いショックを受けると、

大切だったはずの記憶を、

置き忘れてきてしまうものなのでしょうか。

 

私は、どれだけの記憶が抜け落ちたまま、

ここまでを歩んできたのだろう。

 

一度思い出してみれば、

これまでの私が、何故思い出すことがなかったのだろうかって、

きっと、これからも、

そんな場面が、たくさんあるのかも知れませんね。

 

あの時のあなたは、こんなふうに笑っていたなとか、

あの時のあなたは、こんなふうに言っていたなって、

あの頃の記憶を、ひとつひとつ、

拾い集めながら、これまでを歩んで来た私ですが、

私は、きっと、これから先も、

あの夏に置いて来てしまった記憶を、

拾い集めながら、生きて行くのでしょう。

 

あなたのお気に入りだった缶コーヒーを、何度も眺めながら、

小さなため息をひとつ。

 

人生、きっと、まだまだ長いもの。

 

大切なものを集め直しながら、

ゆっくりと、生きていけば良い。

 

きっといつか、大切な宝物を全部、

見つけることができますように。

 

 

 

愛おしい時間

あなたへ

 

寒さに向かうこの季節、

思えば、あの子は、毎年、今くらいの時期になると、

体調を崩すように思います。

 

今年も例外なく、体調を崩したあの子は、

熱はないけれど、頭が痛い

咳は酷くはないけれど、鼻水が止まらないと、

なんだか、とても辛そうな様子に、

昨日は、学校をお休みさせました。

 

薬を飲んで、1日寝ていたあの子。

 

私が仕事から帰宅した頃に起き出し、

随分、楽になったと、元気な顔を見せてくれました。

 

麦茶が飲みたい

アイスクリーム持って来て

布団を直して欲しい って、

体調を崩した時には、必ず甘えん坊になるあの子の要求に応え、

身の回りの世話をしながら、

私は、あと何回くらい、あの子の側で、

こうして甘えさせてあげることが出来るのかなって、

そんなことを考えていました。

 

日々、大人へと成長していくあの子。

 

私の元から巣立ち、1人になれば、

体調を崩しても、

もう、私が側にいてあげることは出来ません。

 

永遠とも感じられていた子育てですが、

あの子の成長と共に、

終わりの日を考えるようになったのは、いつ頃からだっただろう。

 

時には、ちょっぴり面倒に感じてしまうことも、

ふと、あと何回、これをあの子にしてあげられるのだろうかって、

そんなことを考えながら、

あの子との時間全てが、愛おしい時間に感じています。

 

手を掛けてあげたくても、

私の手助けなど必要としなくなる日は、

きっと、そう遠くもないのでしょう。

 

さて、

昨日、たくさん眠ったお陰で、

あの子は、随分と、体調も良くなったようです。

 

もう少し、休んだ方がいいんじゃない?

 

元気になったあの子には、

もう、私の声など届きません。

 

友達と遊びに行ってくるね

 

そそくさと準備を整えたあの子は、

昨日、あんなに甘えん坊だったことが嘘のように、

午前中から、元気に出掛けて行きましたよ。

 

元気なあの子の姿に、これで、一安心ですね。