拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

新しい手帳

あなたへ


先日、来年用の手帳を買いました。


新しい手帳を買うと、
まずは、2月5日のページを開く私は、
毎年のこの時期、
あなたの誕生日を知った日のことを思い出します。


あなたと出会って、初めての秋。
翌年用の可愛い手帳を買ったばかりの私は、
あなたに見せたくて、新しい手帳を持って、あなたに逢いに行きました。


ねぇ見て、可愛いでしょ?


そんな私の言葉にあなたは、


来年の手帳買ったんだ?可愛いね


そう言って、私の手帳を眺めると、言いましたね。


俺の誕生日はね って。


そうなんだ?


なんて、聞き流す振りをした私に、


え?手帳に書いてくれないの?って、
あの時のガッカリしたあなたの顔が、可笑しかった。


あの日、家に帰ってから、
新しい手帳に、いちばん始めに書き込んだのは、あなたの誕生日でした。


お気に入りのペンを使って、
お気に入りのシールを貼って、
可愛く仕上げたその日は、
あの日から、私にとって、いちばん大切な日になりました。


あれからの毎年、新しい手帳を買うと、
私は、決まって、
いちばん始めに、あなたの誕生日のページを開くようになりました。
そして、毎年、
あの日のあなたの、ガッカリした顔を思い出して、笑ってしまいます。


あの時、何故すぐに、あなたの誕生日を手帳に書かなかったのかって?


だって、
あなたに見られていたら、恥ずかしくて、書けません。


ハートマークで派手に飾った、あなたの誕生日。


どんなふうに、お祝いをしようかとか、
あなたの喜ぶ顔を想像する私の顔は、
絶対に、見られたくありませんでしたから。


新しい手帳。
いちばん始めに2月5日のページを開くのは、
これで、20回目になりました。


あなたが何処にいても、私にとって、特別な日。


こうして、新しい手帳を開くと、
あの頃のあなたに、逢える気がします。


俺の誕生日はね、2月5日だよ って。


低く、優しいあなたの声が、聞こえる気がします。

 

 

 

www.emiblog8.com

 

 

 

パラレルワールド

あなたへ


あれは、あなたと一緒に、
パラレルワールドが描かれた映画を観た後のことでした。


パラレルワールドが、本当にあったら、面白いね


そんな私の言葉に、


俺は、あると思うよ


あなたは、そう言って、話して聞かせてくれましたね。


人生の分岐点に立った時、
片方を選んだ自分が今の自分としたら、
もう片方を選んだ自分が他にも存在して、
その人生を歩む自分は、今の自分とは、別な人生を歩んでいる。
そんなふうにして、
幾つもの別々な世界が存在するという説があるんだよ と。


あの時の私は、あなたの話を、とても不思議な気持ちで聞き入ったんでした。


もしも、パラレルワールドと言うものが、何処かに存在したとして、
そこには、私たち家族が3人で、あの頃と変わらずに、
元気で暮らす世界があるのかも知れませんね。


考えれば、考える程に不思議で、
あなたが、あると思うと話してくれた世界を考えることは、
なんだか、楽しい。


今日は、とてもいいお天気でした。
綺麗な青空を眺めながら、パラレルワールドについて、考えていました。


その世界のあなたは、私が知らないあなただけれど、
何処かで、元気に、笑っていてくれるといいなと思いました。


そして、その世界の私が、
あなたとの時間を大切にしてくれているといいなと思いました。

 


ないと証明されていないことは、ないことにはならない


これは、あの日、パラレルワールドについて話してくれた時のあなたの言葉でしたね。


あの時は、そんなあなたの言葉を、
ただ素直に受け取っただけでしたが、
今になって、
あの時のあなたの言葉で、
私の世界が広がったような気がします。


私たちは、ほんの少しの事しか、知らないのかも知れませんね。


私が知っているあなたも、
何処かで、笑っていてくれますように。

 

 

 

 

前髪が上手に切れた日

あなたへ


先日、前髪を切りました。


あの日、ハサミとコームを準備した私は、
鏡の前で、目を閉じて、
前髪を切ってくれていた時の、あなたの事を思い出していました。


目を閉じた私のすぐ前に座るあなた。
私の前髪を指で挟んだあなたの手の感触。
そっとハサミを動かす音。


大方、切り終わると、
目を開けてみて
そう言って、
前髪を梳かして、具合を確認するあなたの真剣な顔。


何年もの間、あなたは、そうして、
私の前髪を切ってくれていましたね。


あなたの切り方を思い出しながら、
慎重に、出来るだけ、丁寧に切ったこの前髪は、
今回、初めて、綺麗に切れた気がします。


あなたを見送り、3年間。
何度も自分で前髪を切ることに挑戦してきました。


いつか、あなたみたいに、上手に切れるようになりたいと思っていました。


ずっと、そう思っていたはずなのに、
綺麗に切った前髪を眺めながら、
鏡の中に、複雑な気持ちでいる私を見つけました。


嬉しい気持ちは、ほんの少しだけ。
そして、悲しい気持ちがたくさん詰まった私の顔。


上手に切れちゃったよ


思わずそんな言葉が出てしまった私は、
本当は、上手に、切りたくはなかったのかも知れません。


いつまでも、あなたには叶わないと、思い続けたかったのかも知れません。


あの頃のあなたに追いついてしまった気がして、胸が苦しくなりました。


私は、初めて、こんな気持ちを経験しました。


こんな時、あなたなら、なんて言ってくれるのでしょうか。


生きるということは、時々、悲しい


もしも、私がそんな事を言ったとしたら、
あなたは、どんな答えをくれるのでしょうか。

 


あなたに、とても逢いたいです。

 

 

www.emiblog8.com

 

 

www.emiblog8.com

 

1 ページ目はこちらから↓

拝啓、空の彼方のあなたへ - 拝啓、空の彼方のあなたへ