拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

19歳

あなたへ

 

お母さんと一緒に写真撮りたいから、シャッター押してくれる?

 

こんな言葉で、私の胸をいっぱいにしてくれたのは、

高校の卒業式の日のあの子。

あの日のあの子の言葉は、

辛かったことも、苦労したことも、全てを帳消しにし、

変わりに、

苦労して良かったと、そう思える3年間へと変えてくれました。

2人並んで撮った写真は、

18歳になったばかりのあの子が、私にくれたプレゼントでした。

 

運転免許を取ったばかりだったあの子が見せてくれたのは、満開の桜の景色でした。

コロナウイルスの観点から、何処へ行くことも出来なかったけれど、

あの日のあの子は、特別な春の景色を私にくれました。

あの子の車の助手席から見た春は、

何年経っても、忘れることの出来ない景色になるでしょう。

 

コロナウイルスの影響により、

進学先へ、なかなか入学することが出来ずにいたあの子。

とても長い春休みを過ごした変わりに、夏休みは、とても短い期間でしたが、

その短さに、落胆するどころか、

学校が楽しいから、夏休みは、なくてもいいのだと、

こんな話を聞かせてくれました。

 

あの子が笑っていると、私も嬉しい。

 

進学先で出会った、たくさんの友達の話を聞かせてくれるあの子の笑顔に、

私までもが、楽しい気持ちになりました。

 

これまでにないほどの大きな食欲の波を見せてくれたのは、

秋が深まった頃のあの子。

 

料理は苦手。

こんな私の中に、あの子が見つけてくれたのは、

あの子のために料理をすることが、好きだという、

私が知らなかった、もう1人の私でした。

私が作った料理を美味しそうに食べてくれるあの子の笑顔がなければ、

私はきっと、

そっと影に隠れた彼女のことを知らないままでいたのでしょう。

 

自宅で、パソコンに向かうあの子の姿を初めて見たのは、

冬休みのことでした。

専門学生になり、

熱心に勉強と向き合う姿をたくさん見せてくれたあの子ですが、

パソコンに向かう姿は、

あの子が日々、どんなに一生懸命に学んでいるのかを、

改めて、知る機会でもありました。

 

勉強が楽しい

 

そう言って見せてくれたあの子の笑顔を見つめながら、

ふと、思い出したのは、高校2年生だったあの子のこと。

 

俺、ここの専門学校に行きたい

 

そう話してくれたあの日、

あの子の背中を、精一杯、押すことが出来て良かったなって、

そんなふうに思いながら、あの子の笑顔を見つめました。

 

俺が100歳になるまで、生きていてね

 

こんな言葉で、私に新たな目標をくれたのは、

18歳も、残り僅かとなった頃のあの子でした。

あの子の言葉に、改めて目標を明確にしてみると、

100歳のあの子に逢える日が、とても楽しみになりました。

 

100歳の誕生日を迎えたあの子は、どんなふうに笑うのだろう。

 

18歳のあの子は、こんなにたくさんの素敵な時間を私にくれました。

生まれた日から、毎日、毎日、

『可愛い』を積み重ねてきたあの子ですが、

18歳のあの子も、毎日、可愛かった。

 

ねぇ、あなたは、小さなあの子を、

初めて、その腕に抱いた日のことを覚えていますか。

 

あんなに小さかった私たちのあの子は、

今日、19歳になりましたよ。

 

19歳のあの子は、どんな成長を見せてくれるでしょうか。

とても楽しみですね。

 

 

www.emiblog8.com

 

 

 

 

4年振りの授業参観

あなたへ

 

先日、あの子の学校で、オンラインでの授業参観がありました。

この日の授業は、1人ずつ、

自分で設計した建物についてのプレゼン行うという内容のもの。

 

それぞれが考えた建物は、皆、個性があり、

とても面白い発想のものばかりでした。

 

画面のこちら側の私は、

あぁ、なるほど

それ、良いねと、皆のプレゼンに、ひとりで頷きながら、

授業参観を楽しみました。

 

さて、いよいよあの子の順番がやってくると、

何故だか、私の方が緊張してしましましたが、

私の緊張を他所に、

あの子は、堂々とプレゼンを始めました。

 

声や話し方。

あの子は、そこに、

思わず引き込まれてしまうような独自の世界を作り出しました。

 

俺、プレゼンするのが好きかも知れないと、

いつかのあの子は、こんな話を聞かせてくれましたが、

たくさんの人の前での堂々としたその姿は、想像以上で、

プロの方みたいだな、などと思ってしまったのは、

自覚以上の親バカだからなのかも知れません。

 

思えば、学校でのあの子の様子を見ることが出来たのは、4年振り。

あの子が、中学3年生の時以来でした。

 

画面の向こう側、

堂々とプレゼンするあの子の姿に、改めて、

大きくなったんだなって、なんだか胸がいっぱいで、

ほんの少しだけ、涙が溢れてしまいました。

 

人前で、堂々と話が出来るところは、あなた譲り。

物怖じせず、落ち着いた雰囲気のあの子の姿に、

あなたの色を感じました。

 

ねぇ、あなたも、

あの日のあの子の姿を、何処かで見ていてくれたでしょうか。

あの子のプレゼン、とても上手でしたね。

 

 

 

あなたと出会う夏に見た夢

あなたへ

 

そこは、ただ白い世界が広がる、とても明るい場所でした。

 

私の目の前にいるのは、知らない男性。

いえ、今思えば、

その時はまだ、知らなかった男性、

と表現した方が、正しいのかも知れません。

 

男性の顔が見えないままに、

何故だか、私はとても穏やかな気持ちで、

彼に、ぴったりと寄り添っていました。

そこは、とても不思議な世界でした。

 

これは、まだあなたを知らない頃の私が見た夢の中での話です。

 

この夢を見た直後、私は、あなたと出会いました。

あの頃の私は、漠然と、

あの夢の中の彼は、あなただったのかなと考えたりもしましたが、

然程、気にすることもなく、

目の前にいるあなたとの時間を大切に過ごしました。

 

あなたとの時間を重ねる中で、

時々、ふと、あの白い世界の夢を思い出したこともありましたが、

一度も口に出すことがないままに、

いつから思い出すことがなくなっていったのか、

いつのまにか、記憶の奥へと仕舞われていました。

 

それは、幸せな現実が目の前にある私にとって、

もう、思い出す必要がなかったからなのかも知れません。

 

今日のこちらは、とても暖かで、雲ひとつない青空が広がりました。

暖かな風に吹かれながら、

青い空を見上げた私の中に、ふと蘇ったのは、

あの白い世界の夢のこと。

 

ねぇ、あの夢の中にいたのは、あなたでしょう?

 

私たちは運命の出会いだったねって、

いつかの私の言葉に、あなたは笑っていたけれど、

確かな証拠がまたひとつ、ここに揃ったように思えました。

 

だって、

あなたと出会う前の私が見つけた恋の中には、

不思議な夢を見た後に出会った恋なんて、ひとつもなかったもの。

 

あなたと出会った日に、

何の根拠もなく、やっと逢えたと感じたことも、

不思議な夢を見たことも、

あなただけは、何もかもが、初めから、特別だったの。

 

あの夢はきっと、

間もなく出会う運命の相手を教えてくれたのよ。

 

ねぇ、あなた。

またひとつ、私たちが運命だった証拠を見つけたよ。

 

青空を見上げて呟いた、私の小さな声は、

暖かな風に乗って、

あなたのところまで、届いたでしょうか。

 

 

www.emiblog8.com