拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたが育った町

あなたへ

 

今度、うちの会社で、

交通量調査をすることになったよ

1日だけ、アルバイトやってみない?

現場は俺と同じところだから、何も心配ないよ

 

あなたのこんな話から、

交通量調査のアルバイトをすることになったのは、

あの子が、間も無く2歳になろうとしている頃だったでしょうか。

 

現場は、あなたの実家のすぐ近く。

お母さんがあの子を見ていてくれるから、心配ないよ。

早朝からの勤務だから、実家へ泊まって、そのまま現地に行こう。

そんなふうに、当日の流れが決まったのでした。

 

当日、早朝より、現地でスタンバイ。

椅子に座った私は、やる気満々でしたが、車が通らないではありませんか。

 

拍子抜けしてしまった私に、

ここは、交通量が少ない場所だから、

担当は、あなたと私の2人なのだと、説明してくれましたね。

 

あの時の私は、少し物足りなさを感じていましたが、

今思えば、交通量が少ない場所だったからこそ、

あなたが生まれ育った町を、

感じることが出来たのだと思います。

 

あの日は、とても寒い日でしたが、

近隣の方が、ご好意から、

ポットや、温かい食べ物を差し入れてくれましたね。

 

これ、良かったら食べてね

 

そう言って、手渡されたお餅が、とても温かくて、

嬉しかったこと、今でも、よく覚えています。

 

そうして、

静かだった道が、やがて、たくさんの声で、賑やかになり始めましたね。

 

子供たちの通学時間。

 

あの時の私は、

ランドセルを背負う小学生たちも、

ファンキーな出で立ちの中学生たちも、

どの子も皆、私たちの前を通ると、

おはようございます と、元気に挨拶をしてくれたことに、

とても驚き、なんだか、感動してしまったのでした。

恥ずかしさから、下を向く子など、1人もいなかった。

 

みんな自分から、挨拶してくれるね

いい子たちばかりだね

 

そんな私の言葉に、あなたは、

この辺りでは、普通だよと、笑っていましたね。

 

私が育ったこの辺りでは、

知らない人へ挨拶をするという習慣はありません。

 

知らない人には注意しましょう。

 

そんな環境で育った私にとって、

あの光景は、

今でも忘れることの出来ない素敵な光景でした。

 

先日、交通量調査を行なっている方々を見かけました。

 

信号待ちをしながら、交通量調査の方々へと視線を移し、

あの日の出来事を、鮮明に思い出しました。

 

あの日がなければ、

あなたが育った町を感じることは、なかったでしょう。

 

アルバイトに誘ってくれて、ありがとう。

あの日を過ごすことが出来て、良かった。

 

 

 

 

紳士服専門店

あなたへ

 

紳士服専門店。

私にとって、縁遠いそこへ、初めて入ったのは、

あなたとの結婚が決まった頃のことでした。

 

スーツ買いに行きたいんだけれど、一緒に選んくれる?

 

そんなあなたの言葉に頷いて、

紳士服専門店に入ったのも、

誰かのスーツを選んだのも、

私にとって、あの日が初めてのことでした。

 

この色、いいね

ねぇ、試着してみて

 

生まれて初めて、好きな人のスーツを選んだこと。

とても楽しかった。

 

フィッティングルームから出て来た、見慣れないスーツ姿のあなたに、

私は、どんな顔をしていたのだろう。

 

惚れ直した?

 

そんなあなたの言葉に、照れもせずに、素直に頷いたこと、

今でも、良く覚えています。

 

だって、本当に、格好良かったもの。

 

何着かのスーツを試着し、店員さんとの談笑の中、

不意に、耳に届いたのは、奥様って言葉。

 

あの日が、私が生まれて初めて、

誰かから奥様と呼ばれた日でした。

 

お連れ様ではなく、奥様。

 

その言葉がくすぐったくて、嬉しくて、

思わず、あなたの顔を見れば、

あなたまで、嬉しそうな顔をして。

 

私が、初めて紳士服専門店へ入ったのは、あなたと一緒に。

そして、二度目は、また一歩、大人へと近づくあの子と一緒に。

 

先日、あの子のスーツを買いに行きました。

 

スーツに関する知識など、何もないままの私たちは、

ちょっぴり緊張してしまいましたが、

店員さんに良くして頂き、

無事にスーツを買うことが出来ました。

 

フィッティングルームから出てきた時のあの子の姿。

あなたにも見せてあげたかった。

 

スーツに身を包み、私の目の前に立ったあの子は、

これまでの私が知っている、どのあの子よりも、

大人の顔をしていました。

 

毎日一緒にいるけれど、改めて、あの子の成長を見つけたあの瞬間は、

大切な宝物として、胸の中へと、焼き付けました。

 

あの子のスーツ姿。

本当に格好良かったよ。

とてもよく似合っていた。

 

あなたが側にいてくれたのなら、

あの子の姿に、どんな顔で喜んだのだろう。

 

私にとって、縁遠い紳士服専門店。

この生涯の中で、

あと何度くらい、足を運ぶ機会があるでしょうか。

 

あまり多くの縁がない場所であるにも関わらず、

一度目は、初めて、奥様と呼ばれた、甘い思い出を。

二度目は、私が思っていたよりもずっと、

あの子が、大人へと近づいていることを教えてくれました。

 

私にとっての異世界とも呼べるその場所は、

特別な時間をくれる場所なのかも知れませんね。

 

 

 

自分へのご褒美

あなたへ

 

一難去ってまた一難。

こんな言葉があるけれど、

一難がまだ去っていないのに、また一難。

 

こんなこともあるんだね。

 

あなたを見送ってからの私は、

幾つくらいの困難を乗り越えて来たのだろう。

 

その度に、どうにか乗り越えて来た私ですが、

こんなふうに、ひとつ以上の大きな難を抱えたのは、

初めてのことかも知れません。

 

あなたと2人なら、もう少し穏やかな気持ちで、

難を乗り越えることが出来たのでしょう。

 

あまりの辛さに、私は何度、あなたの顔を見つめただろう。

 

せめて、ひとつずつの難であれば良かったのにと、

このタイミングの悪さに、

何度、大きなため息を吐いたでしょうか。

 

逃げても、また別なものが追いかけてくるから、逃げちゃダメ。

 

これは、いつかの私が、みつけた言葉。

 

心の奥に仕舞われていたその言葉は、

待っていましたとばかりに、飛び出して、

私の頭の中を、駆け巡りました。

 

逃げられるものなら、逃げてしまいたいと、

時にはそんなことを考えながらも、

ひとつひとつと向き合い続け、

今日は、やっと、

ひとつだけ、難を片付けることが出来ました。

 

まだまだ、やらなければならないことも多いですが、

ちゃんと向き合い続ければ、いつかは終わるはず。

 

耐えられるだけの試練しかやってこない

 

いつかあなたに、そんな手紙を書きましたが、

その言葉が、本当であるならば、

私は、きっと、この難を乗り越えることが、出来るのでしょう。

 

ひとつの難を乗り越えた自分に、ご褒美として、

今日は、スイーツを買いました。

 

美味しいものを、美味しいと感じることが出来るのだから、

私は、まだまだ大丈夫。

 

また明日から、頑張らなくちゃね。

 

 

www.emiblog8.com