拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。    <夫と死別したemiのブログ>

食品サンプル

あなたへ

 

あの子との雑談の中、

飲食店の入り口に飾ってある食品サンプルの話になったのは、

先日のことでした。

 

あれってさ、見本なんでしょ?

実際に運ばれてきたものが、少し見本と違うこともあるんだよね?

 

あの子のこんな言葉に思い出していたのは、私が高校生だった頃の思い出でした。

 

あの頃、友人と共にブームとなっていたのは、

入ったことのない飲食店を見つけては、開拓することでした。

 

今は、インターネットを見てみれば、

お店の場所や雰囲気、評判なんかも知ることが出来る時代ですが、

噂を聞く以外に、知らないお店を知る手段などなかったあの頃。

 

新しく、お店の存在を知れば、ワクワクとし、

初めてのお店のドアを開く瞬間には、ほんの少しの緊張と、

大きな期待が込められていました。

 

あの日の私たちが見つけたのは、

注意して見てみなければ、

通り過ぎてしまうような入り口から入る喫茶店でした。

 

何度も通ったことのある道沿いにありながらも、

私たちは、あの日に初めて、そのお店の存在に気が付いたのでした。

 

入り口にある食品サンプルを確認すると、

綺麗なグラスに盛られた豪華なフルーツパフェが目に留まりました。

 

ここにしてみようよ

 

どちらからともなく、こんな言葉が出た私たち。

 

期待を込めて店内へと足を踏み入れ、席に着くと、

早速、先程、入り口で見たフルーツパフェを注文しました。

 

店内を見渡すと、昭和の時代を彷彿とさせるようなその雰囲気に、

ずっと昔から、その喫茶店が存在していたことが伺えました。

ともて静かで落ち着いた店内には、私たちの好みの空気が流れていました。

 

落ち着いた店内に合わせて、

小さな声でお喋りをしていた私たちの耳に届いたのは、店員さんの声。

 

お待たせ致しました

フルーツパフェです

 

声がした方へ顔を上げてみると、

白い平皿を持った店員さんの姿がそこにありました。

 

何かが違うような気がする・・・

 

私の小さな疑問を他所に、私たちの前には、

白い平皿が置かれました。

 

フルーツパフェです

 

確かに、店員さんのこんな声が聞こえたはずですが、

運ばれてきたものを見てみると、

平皿いっぱいに、

パフェの具材たちが並べられているではありませんか。

 

運ばれてきたものを、二度見、三度見する私たちを他所に、

店員さんは、そそくさと店の奥へと下がって行きました。

 

漸く、我に帰った私たちは、小さな声で呟きました。

 

これは、パフェ・・・なの?

 

あれは、

食品サンプルを鵜呑みにしてはいけないと学んだ日の出来事。

 

そうだね

食品サンプルは、あくまでもサンプルだからね

 

こんな言葉と共に、あの日のエピソードを話して聞かせれば、

あの子は爆笑しながら、言いました。

 

それ、パフェじゃないじゃん!

 

とても驚いた出来事でしたが、

今となっては、笑ってしまう良い思い出です。

 

何気ない雑談の中、こんなふうに蘇った記憶は、

これまでに、いくつ見つけてきたでしょうか。

 

きっと、あなたの中にも、

食品サンプルに纏わる、笑っちゃうような思い出話が、

ひとつくらいは、あったのではないでしょうか。

 

あなたの中に眠っていた記憶も、聞いてみたかったな。

 

 

 

 

コトバ -あの春のキミ送るエール-

あれから5年が経ったんだ

 

あれからの毎年

この時期になると

あの日のことを思い出す

 

恐らく

あの日の私は

この人生の中で唯一

死に近い場所にいたのだろう

 

今振り返ってみても

この人生の中で

あれほどに

私が私でなくなってしまった日を知らない

 

あの時

少しでも何かが違ったら

私はもう此処にいなかったのだろうか

 

それとも

あの日があったからこそ

私はこうして此処に

前を向き

歩むことが出来ているのだろうか

 

5月の青い空と暖かな日差し

初夏を思わせるような爽やかな風を感じたら

私は空を見上げながら

あの春の私に

そっとエールを送ることにしている

 

キミは大丈夫だよ

今も此処にこうして生きているよ

 

今でも鮮明でありながら

不鮮明な1日を過ごしたキミは

とても頑張ったね

 

もう大丈夫

 

キミはちゃんと

生きることを選ぶことが出来たのだから

もう大丈夫だよ

 

そのまま

ゆっくり歩いておいで

 

私はあの日のキミを

とても誇りに思っているよ

 

此処に生きる

未来のキミの言葉たちを

5月の風に乗せて

 

あの春のキミのところまで届け

 

 

www.emiblog8.com

 

 

 

私を支えてくれた人

あなたへ

 

私の知り合いにね

突然、心臓を患って、生死を彷徨った人がいるのよ

 

こんな話を聞かせてくれたのは、

かつて、一緒に働いていた職場の先輩でした。

 

一時は生死を彷徨った彼の心臓へは機械が入り、

それがきっかけとなって、

長く勤めてきた会社を退職した彼は、

それまでとは全く別な職種の仕事へ就くことになったそう。

 

思い描いた人生とは、全く別な人生を歩むことになったけれど、

今の方が充実した時間を過ごせているのだと、そんな話を聞かせてくれた彼は、

とても生き生きと日々を過ごしているのだと、

こんな内容の話でした。

 

先輩が、この話を聞かせてくれたのは、

あなたの体調が、快方へと向かい、

一般病棟へと移り、少しの時間が経った頃のことでした。

 

あなたなら、きっと大丈夫。

 

何の根拠もないままに、ただあなたを信じていたあの頃の私にとって、

先輩が聞かせてくれたこの話は、

きっと大丈夫、から、

絶対に大丈夫へと変わるには、充分過ぎる材料でした。

 

あなたなら、絶対に大丈夫。

 

こんな強い気持ちで、あなたの側に寄り添うことが出来たから、

病室での時間も、いつも通りの私たちで過ごすことが出来たのだと、

こんな捉え方もあるのかも知れません。

 

あの夏の私が思い描いた未来は、やって来ないまま、

あなたは、この世界から、いなくなりました。

 

あなたを見送ってから、どのくらいが経った頃だったでしょうか。

この話を聞かせてくれた先輩は、

私に、そちら側の世界についてを話して聞かせてくれました。

 

向こう側の世界はね、絶対にあるのよ

ただ、こちら側からは、見えないだけなのよって。

 

あなたが入院していた時も、見送った後も、

先輩が話して聞かせてくれた話は、

不思議と、私の中へ、しっかりと根付き、

安心出来るような気持ちにさせてくれました。

 

あの夏が過ぎ、ゆっくりと歩みながら、

やがて、自分の夢を持つことが出来た私は、

あの頃よりも、しっかりとした足取りで歩めるようになりました。

 

思い返してみれば、

私の足取りが、しっかりとした頃を見計らったかのように、

先輩は、突然、職場を去って行きました。

 

人との出会いとは、とても不思議なものです。

 

今、思い返してみると、

あの頃、私の側にいてくれた先輩は、

あの夏の私を支えてくれる役目を持って、

出会ってくれたのかも知れないと、そんなふうに感じました。

 

時々、先輩が聞かせてくれた話を思い出しては、

遠くで頑張る先輩を想います。

きっと何処かで、幸せでありますようにって。

 

ねぇ、あなた。

人生とは、とても不思議なものですね。