拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

新しいテレビ

あなたへ


近頃、調子が悪かった我が家のテレビ。
暫く、なんとか誤魔化しながら視聴していたものの、
思い切って、テレビを買い換えようと決めたのは、
テレビが大好きだったあなたの顔が浮かんだからでした。


何処に行く時も、一緒だったあなた。


あの子と2人だけで、電気屋さんに行くのも、
家電製品を自分たちだけで選ぶのも、初めてのことでした。


あの子と一緒に、真剣に選んだテレビは、
きっと、あなたも気に入ってくれるような、
とてもいいものを見つけたけれど、
密かに、とても心配だったのは、テレビの接続。


店員さんに、接続方法を、教えてもらい、
意外に簡単そうだと話しながら、帰宅した私たちは、
ちょっと、緊張しながらも、早速、取り付けに掛かりました。


テレビが映るまでには、そう時間は掛からずに、スムーズに進み、
映ったね
なんて、ふたりで、喜んだところで、
あの子は、夕方からのアルバイトへと、出掛けて行きました。


問題は、レコーダーとの接続でした。
何度、配線を確認しても、合っているはずなのに、レコーダーが使えない。


家にひとり、取り残された私は、
テレビとレコーダーの説明書を広げて、どのくらいの時間が経った頃でしょうか。


もう!出来ないよ!
なんて、ひとりで騒ぎ、
配線と説明書を交互に眺め、途方に暮れた私は、
あなたの顔を見ながら、


ねぇ、あなた、出来ないよ
どうして、出来ないんだと思う?
あなただったら、きっと、すぐに出来たのに


なんて、思わず、長い独り言。


一旦、諦め、洗濯物を取り込んだところで、
ふと、リモコンの、今まで触ったことがなかったボタンが気になったんでした。


そして、よく分からないままに、ボタンを押すと、
問題が解決し、すぐに、レコーダーが使えるようになりました。


あの時、どうして、急にリモコンが気になったのでしょうか。


私には、どうしても、あなたが、教えてくれたように、感じてしまいます。


だって、店員さんとは、配線の繋ぎ方しか話していなかったもの。
取り扱い説明書だって、配線のページしか、確認しなかったもの。


あなたを見送ってから、時々、こんなふうに不思議なことがあります。


家でひとり、出来ないって騒いだ私を心配してくれたのでしょうか。


あの時、なんだか、すぐ側にあなたがいる気がして、
逢いたい
そう呟きながら、
泣いてしまったこと。


ごめんなさい。


きっと、心配させてしまいましたね。


泣きながら見つめた、あなたの穏やかな顔に、
ようやく、気持ちが落ち着いた私は、
涙を拭いて、
何事もなかったかのように、

アルバイトから帰って来たあの子を、笑顔で、迎えることが出来ました。


初めて、テレビの接続に挑戦した私たちですが、
きっとまた、あなたが助けてくれたんですね。


ありがとう。

 

 

www.emiblog8.com

 

 

 

 

この瞳に映る景色

あなたへ


もしも、あの時、少しだけ運命が違っていて、
今も変わらずに、家族3人で過ごす毎日が此処にあったら、
私たちは今、
どんな時間を過ごしていたでしょうか。


あれから、3年と4ヶ月。


もしも、少しだけ、運命が違っていたら、
私は、あなたから何を学び、
私は、あなたに何を見せてあげることができたでしょうか。


あなたは、あの頃、思い描いていた夢を覚えていますか?


いつか、独立して、自分で仕事をしたいと思ってるんだ


あなたが、そう話してくれたのは、
そちら側へ旅立つ、1年と半年程、前のことだったでしょうか。


予想もしていなかった話に、とても驚きましたが、
あなたと話をしながら、漠然とした不安は、希望へと変わり、
そして、ほんの少しの時間と共に、確信へと変わったんでした。
あなたなら、大丈夫だ と。


あの頃の私は、
密かに、あなたを全力でサポートする決心をしていました。


あなたを陰で支えながら、どうしたら、あなたの仕事がスムーズに出来るか。
私は、これから何を勉強すれば、
あなたの支えになることが出来るだろうかと。


まだ見ぬ世界に、ワクワクとした気持ちで、

あなたと歩む将来を、思い描いていたんでした。


もしも、あの時、少しだけ運命が違っていたら、
あなたは、夢を叶えていたのかも知れませんね。


いえ、
何でも出来るあなたのこと。


絶対に、叶えていたでしょう。


あの頃の私たちには、想像も出来なかった世界が、そこには広がっていて、
あなたと一緒に、どんな景色を見ることが出来たでしょうか。


もしかしたら、苦しいこともあったのかも知れません。
それでも、私は、覚悟を決めていました。
あなたとなら、
どんな困難も、絶対に乗り越えられる自信がありましたから。


新しい一歩を踏み出し、
自信に満ちたあなたの顔を見てみたかった。


お互いに、支え合いながら、
喧嘩をしたり、仲直りしたり、
3年と4ヶ月分の絆を、更に深めた私たちは、
今、どんな会話をしていたのでしょうか。

 


あれから、3年と4ヶ月。


私の瞳には、あの頃と変わらずに、
あなたが見せてくれている景色が映っています。


あなたに出会えたから、見つけたこと
あなたに出会えたから、感じたこと
あなたに出会えたから、出会った人たち
あなたに出会えたから、生まれてきた命


あなたが見せ続けてくれる、
この瞳に映る景色は、とても、美しい。


もう、どんなに探しても、
あなたの、その手の温もりを感じることも、
その声を聞くことも出来ませんが、
今、あなたは、此処で、
こんなふうに、生きています。

 

 

 

 

朝焼け

あなたへ


こちらでは、随分と日の出が遅くなりました。


出勤時間が早かったあなた。


寒くなってきた今頃に、
あなたは、この時期の美しさを教えてくれましたね。


日の出が遅くなる今頃の時期になると、
あなたの出発時間は、薄暗い時間帯。
まだ暗い時間から、仕事に行く準備を始めるあなたに、
なんだか、申し訳なさを感じていたんでした。


コーヒーを淹れながら、
毎日、暗い時間からの出勤は、大変だねって、
そう、声を掛けた私に、
そうでもないよ と、意外な返事と共に、
あなたは、朝焼けの綺麗な写真を見せてくれましたね。


こんなに綺麗な空を見ながら出勤出来るのも、悪くないよ って。


写真に、見入りながら、
あなたの通勤ルートには、こんなに綺麗な場所があるんだね 羨ましい
なんて、私の言葉に、
あなたは、笑いながら言いましたね。


この写真、何処だと思う?家のすぐ側だよ と。


場所を聞けば、それは、私の通勤ルートでもある道。


時間帯が違うと、景色が全然違うでしょ?
そう言いながら、
あなたは、更に何枚かの、綺麗な朝焼けの写真を見せてくれたんでしたっけ。


あの時、あなたは、
寒いのが苦手な私に、
季節には、それぞれの良さがあるんだよと教えてくれましたね。


今朝も、寒かったけれど、窓を開けて、
遠くに染まる曙色を眺めました。


あの頃、
通勤途中、思わず、車を停めて、写真を撮っていたあなたが見ていた空は、
こんなふうに綺麗な空でしたね。


やっぱり、寒いのは、苦手な私ですが、
この時期の、
遠くに染まる曙色を眺めるのは、確かに、悪くない。


あなたが、毎朝見ていた空と、よく似た空は、
今朝も、とても綺麗でしたよ。

 

 

www.emiblog8.com