拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。    <夫と死別したemiのブログ>

お盆の思い出

あなたへ

 

もう、そちら側へは着いたでしょうか。

今年のお盆も、とても楽しかったですね。

 

あの子、昨年よりも随分、逞しくなったでしょう?

鏡の前でポーズを決めて、

筋肉の確認をするあの子の姿も見ていたでしょうか。

 

その姿が見えないままに、ふと、私の中に思い浮かんだのは、

あの子を見つめながら、ただ穏やかに笑うあなたの姿でした。

 

ねぇ、あなたは、あの子にどんな言葉を掛けたのかな。

 

あなたが帰って来てくれた初日の夜には、あの子が眠った後で、

これまでのことを振り返りながら、色々な話をしましたね。

 

あの時は、泣いてしまってごめんなさい。

 

不思議ですが、

歪んだ視界の向こう側、

私の髪に手を伸ばすあなたの姿が見えた気がしました。

 

あの時、私の胸の中に浮かんだ言葉は、

きっと、すぐ側にいてくれたあなたからの想いとして、

受け取っても良いでしょうか。

 

あの時は泣いてしまったけれど、

楽しいことも、たくさんありましたね。

 

家の中で、のんびりと過ごす時間が多かったけれど、

特に何もしていなくても、

家族3人でいられただけで、ただ幸せでした。

 

ねぇ、あなた。

あなたが帰る前日の夜の食事の時間は、なんだか、とても不思議でした。

 

毎年のお盆には、あなたが好きだったものを手作りするのが、

私の中での恒例でしたが、

あなたが帰ってしまう前に、あなたが好きだったアレを食べようって、

急に思い立ったあの案は、

あなたからのリクエストだったのでしょうか。

 

たまには、外食でもしようよって。

 

こちら側の状況もあって、

あなたが好きだったものをテイクアウトすることになりましたが、

あの日の夜は、なんだか、パーティみたいで楽しかったですね。

 

お肉、少し貰ったら?

 

あなたからのこんな想いが、私の胸の中に届くような感覚があって直ぐに、

少し食べたら?って、あの子から、

お肉を勧められた時は、驚いてしまったけれど、

それはきっと、あなたからのメッセージ。

此処にいるよって。

 

毎年のお盆には、少しだけ不思議な思い出をくれるあなた。

 

やっぱりあなたは、側にいるのだと、

あなたは今年も、その証拠を私に見せてくれました。

 

今年も、素敵な時間をありがとう。

 

昨年と同じように、

あなたへのお供物を、バッグに纏めておきましたが、

ちゃんと持って行ってくれたでしょうか。

 

あなた。

また来年ね。

 

きっと帰ってきてくださいね。

 

 

www.emiblog8.com

 

 

 

 

コトバ -お盆様-

お盆の最終日の早朝に

ご先祖様を送りに行っていた祖母の姿を

ふと思い出した

 

お盆様は朝早くに帰るんだよ

 

幼い頃に

祖母が話して聞かせてくれた

あの言葉は

きっと本物なのだろう

 

早くに伴侶を亡くした祖母も

毎年

肌で感じていたのかも知れない

 

愛する人が

お盆初日の早朝に

そっと帰ってくることも

お盆最終日の早朝に

静かに向こう側へと帰ってしまうことも

 

だからきっと祖母は

お盆の最終日になると

必ず早起きをして送りに行っていたのだと思う

 

幼かった頃の記憶を反芻しながら

彼もお盆様という類に属していることに

ふと気付く

 

彼は向こう側の存在であり

私たちとは違う

 

この世界に存在するための肉体を持たない彼が

此処に留まり続けることは

もう出来ないのかも知れない

 

8月15日の夜は

とても寂しくなる

 

彼に手を合わせながら

思わず呟いてしまうんだ

 

また今年も静かに帰ってしまうんだねと

 

明日の朝

きっと感じることになるであろう

あの空気感を想像するだけで

落胆してしまうけれど

 

少しだけ見方を変えてみれば

それは向こう側からの

最大の配慮であるのかも知れない

 

私たちがスムーズに

いつもの日常生活に戻れるようにと

 

だから今夜は泣かないよ

 

だからせめて

今夜だけは手を繋いで眠りたい

 

今夜は

ずっと側にいてね

 

 

 

 

コトバ -家族3人の時間-

おかえりなさい

待っていたよ

 

コーヒー淹れるね

一緒に飲もうよ

 

そうだ

冷凍庫にアイスクリームが入っているよ

もう食べた?

 

あの子

大きくなったでしょ?

筋トレ頑張っているんだよ

 

それから勉強も

とても頑張っているよ

 

今日は何が食べたい?

 

ねぇ

一緒に買い物に行こうよ

 

あなた

ご飯出来たよ

 

これはね

あなたのお母さんに教わった料理

きっとあなたも気に入るはずよ

 

おやすみ

また明日ね

 

おはよう

ゆっくり休めた?

 

洗濯物を干してくるね

今日も外はすごく暑いよ

 

ねぇあなた

向こう側の世界はどんな世界?

あなたは何をして過ごしているの?

 

ねぇあなた

愛してるよ

 

お盆には

その姿が見えないままの彼に

いつもよりもたくさんの言葉を掛ける

 

そうして

彼の声が聞こえる気がして

静かに耳を澄ましてみる

 

ただいま

 

うん

愛情たっぷりでお願いします

 

え?アイスクリームあるの? 

 

うん大きくなったね

俺より腕が太くなっていて驚いたよ

 

あの子は大丈夫

俺は心配なんてしてないよ

 

にんにくが入ったものが食べたい

 

いいよ

行こうか

 

いただきます

 

おやすみ

 

おはよう

よく眠れたよ

 

ちゃんと水分摂った?

 

いいところだよ

楽しくやってる

向こうでは皆がのんびりと過ごしてるよ

 

・・・

 

 

え?

最後の言葉だけが

聞こえなかったけれど

彼はなんて言ったのだろう

 

お盆になると

あの夏に途絶えてしまったはずの

家族3人の時間が此処に静かに動き出す

 

あなた

おやすみ

また明日ね

 

静かに声を掛けながら

もう一度

耳を澄ましてみる