拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。    <夫と死別したemiのブログ>

生きるってなんだろう

あなたへ

 

ねぇ、あなた。

生きるってなんだろう。

 

こんなふうに問い掛けたのは、いつの頃だったでしょうか。

 

生きるとは、

時に、とても矛盾していて、悲しくて、苦しいものなのだと、

こんな答えを見つけたのは、

あなたよりも、ひとつ年上になった私でした。

 

きっとそこに、明確な答えはなくて、

どんな答えを導き出そうとも、全てが正解である問いなのかも知れません。

そして、明確な答えが存在しないからこそ、

永遠に違った答えを導き出せる問いであるとも、

言い換えることが出来るのかも知れません。

 

あなたを見送ってからの私は、様々に考えを巡らせては、

その時々に見つけた正解を私の正解としてきましたが、

生きるって、本当は、

大切なものが、どんどん増えて、

愛おしいものが、どんどん増えて、

自分が集めたそれらを、不意に振り返った時に、

明確な理由も分からないままに、

意味もなく、泣きたくなってしまうことなのかも知れません。

 

何気なく過ごした時間の中にも、

ただ穏やかに過ぎ去った時間の中にも、

必ず、それらは存在し、

どんどん、どんどん、胸の中へと蓄積され続け、

もう二度と、手を触れることは出来なくとも、

そこに感じる温かなものは、いつでも包み込んでくれるのです。

 

そうして不意に、

今この瞬間も、愛おしい時間であるということに気が付いて、

目の前にある愛おしさに、そっと手を伸ばしてみれば、

その感触もまた、それまで集めたものの一部となって、

胸の中へと蓄積されていくのです。

 

大切に、大切に集めてきたそれらの記憶が、不意に蘇った時、

ただただ愛おしくて、

ほんの少しだけ、泣きたいような気持ちを初めて見つけたのは、

いつのことだっただろう。

 

これまで歩んできた道のりの中、

そして、

これから歩む未来にも、ずっとずっとそれらは無限に用意されていて、

最期の瞬間を迎える時まで、

それらの愛おしいものたちを集め行くのがきっと生きるということなのだと、

今、此処にいる、

あなたよりも4つ年上になった私は、こんな答えを見つけました。

 

あなたは、この世界で、

どのくらいの愛おしいものを集めましたか。

 

それらは、今でも、

その胸の中をいっぱいに満たしていますか。

 

どうか、

この世界であなたが集めたものたちが、

ずっとずっと、

その胸の中をいっぱいに、満たし続けていますように。

 

www.emiblog8.com

 

 

 

 

 

あの子コーチによるボクシングレッスン

あなたへ

 

やだ!なにこれ!楽しい!

 

叫び声にも近い私の歓声は、

あなたのところまで届いたでしょうか。

 

あの子のボクシンググローブを、

興味本位で付けさせて貰ったことから始まったのは、

あの子コーチによるボクシングレッスンです。

 

はい、ワンツー!ワンツー!ワンツーフック!

脇を締めて!

拳は顔の前だよ!

ガードを意識して!

ちゃんと狙って!

 

あの子コーチの声に合わせて、パンチを出します。

フォームを意識して、狙いを定めて。

何度も繰り返すうちに、ほんの僅かにずつではありますが、

なんとなくコツが掴めてきました。

 

そうして私は、思わず歓声を上げたのです。

やだ!なにこれ!楽しい!と。

 

考えてみれば、私にとっての体を動かす機会と言えば、

全てがひとりで出来るものであったように思います。

 

ボクシングを初めて体験したことで、

ストレッチとも散歩とも、ダンスとも違う爽快感が、

そこに存在することを初めて知ることが出来ました。

 

やりたいことをやりなさい。

私たちは、いつでもこんなふうに、あの子の背中を押してきましたね。

 

あの子が新しい物事へと挑戦した先には、

それを見守る私たちにも必ず、新しい景色が待っていてくれました。

それはいつでも、予想を遥かに超えた素敵な景色でしたね。

 

今回、あの子がボクシングの世界へと足を踏み入れたことで、

此処に生まれたのは、新しい時間。

思わず時が経つのを忘れてしまうほどに、楽しい時間が流れているのです。

 

次はいつ遊べる?

 

最近の私は、こんな言葉をあの子に掛けながら、

次のボクシングレッスンを楽しみに過ごしています。

 

きっと、あの子もこんな気持ちで、

次のジムへ行く日を楽しみに過ごしているんだろうな。

 

あの子と過ごす時間の中、

あの子の中に存在する気持ちも知れたようにも感じています。

 

 

www.emiblog8.com

 

 

 

 

あの夏からの私

あなたへ

 

明確な理由も分からないままに、

私はきっと、もう長くは生きられないのだと思っていたのは、

あなたを見送ったばかりの頃の私でした。

 

あなたの年齢と並ぶこともなければ、

あの子が大人になる姿を見届けることも、きっと出来ないのだろうって。

 

新しい明日など、もういらない。

 

そんなふうにさえ考えていたあの頃の私は、

せめてあの子が社会人になるまではと、初めて生への目標を持ち、

辛くても生きなければいけないのだと、

時には自分に鞭を打つような歩み方でもあったけれど、

無理矢理に自分を奮い立たせては、

一歩ずつをゆっくりと歩みながら、

やがて、明日も生きたいと思える私へと変わっていきました。

 

何気ない1日を、

掛け替えのない宝物だと思えるようになって、

今日も元気に過ごすことが出来て、幸せだったなって、

新しい明日を楽しみに思いながら、

眠りに就く私へと変わることが出来ました。

 

今日の私は、あの夏からの続きを、ちゃんと生きることが出来たのだと、

しみじみと、こんなことを考えていました。

 

あの夏からの私は、1日も欠けることなく、この世界での時間を過ごしながら、

気が付けば、生きたいと思えるようになって、

生きていることに喜びを感じるようにもなったんだなって。

 

だからね、今日の私は、

今日もこの世界で、掛け替えのない大切な1日を元気に過ごすことが出来たよって、

あなたに、こんな報告をしたいなと思いました。