拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。    <夫と死別したemiのブログ>

虹の絵

あなたへ

 

あの子のバイクのパーツを置く場所も確保出来たことだし。

こんな晴れやかな気持ちで、

今日の私は、ゆっくりと絵を描きました。

 

実は、先日から描いてみたいと思っていた絵がありました。

虹の絵です。

 

あなたは、首を傾げて言うのでしょうか。

え?どうして虹?って。

 

そう。忘れもしません。

私があの夢を見たのは、先日のことでした。

 

あの夢の中に出て来たのは、見知らぬ女の子。

小学2年生か、3年生くらいの子でしょうか。

 

画用紙に向かって、黙々と虹の絵を描いていたその女の子の姿を、

夢の中の私は、ただ静かに見守っていました。

とても絵が上手で、独創的な絵を描くその子は、

見たこともないような不思議な虹の絵を描いていました。

 

私ね、絵が完成したら、その絵をもらう約束をしていたの。

その絵をどこに飾ろうかって、とてもワクワクとした気持ちで、

完成を楽しみにしていたのに、

有ろうことか、私は、絵が完成する前に、目を覚ましてしまったのです。

 

とても素敵な絵だったから、あの続きが、ずっと気になっていました。

あの女の子は、あの後、何を描き足して、

どんなふうに絵を完成させたのかなって。

 

あの絵の完成を、

何度も思い描きながら、やがて私は、思い立ちました。

そうだ。今度、自分で虹の絵を描いてみよう。

 

私なりに、覚えている限り、あの絵を再現し、

そして、その続きを描いてみましたが、

真似て描いているつもりでも、実際にこうして描いてみると、

なんだか全然、違うような気がしました。

 

絵を描くのは好きですが、決して上手とは言えない私。

一生懸命に、そして楽しく描いたつもりですが、

絶対に、誰にも見られたくない絵が完成しました。

 

やっぱり、あの女の子の絵の完成が見たかったな

 

自分で描いた絵を眺めながら、

思わず、こんな言葉を呟いてしまったけれど、

静かに絵を描いた時間は、

自分自身とゆっくりと、向き合う機会にも繋がったように思います。

 

迷っていたことや、悩んでいたこと。

それに対する私なりの最良の答えは、

実は、とてもシンプルであったのかも知れないと、

ふと、そんなことに気が付くことが出来ました。

 

私が描いた絵には納得出来てはいませんが、

今日の私は、納得できる答えを見つけるための、

良い時間を過ごせたなと思いました。

 

 

 

あの子の夢を叶えるお手伝い

あなたへ

 

今日だけ、ここに置いてもいいかな

 

中古のバイクのパーツを集めては、

ひとつひとつ、丁寧に磨きながら、色を塗る作業を続けているあの子ですが、

色を塗りたてのパーツを、今日だけ家族の部屋に置きたいと、

こんな声が聞こえたのは、先日のことでした。

 

今日だけ。

それは、一晩が過ぎ、翌日中には、別な場所へ移動されるものなのだろうと、

あの日の私は、そんなふうに考えていましたが、

あの子の言う今日だけと、私の知っている今日だけとでは、

時間の長さが違ったのかも知れません。

 

今日だけ、ここに置いてもいいかな

 

こんなあの子の声が聞こえてから、暫くが経っても、

何処か別な場所へ移動される様子もなく、

あの日から置かれ始めたバイクのパーツは、気が付けば、

初めからそこにあったオブジェのように、家族の部屋へと馴染んでいきました。

 

そうして、初めてこの部屋へやって来たパーツが、

家族の部屋へと馴染み始めた頃から、少しずつ、

綺麗に仕上がったパーツたちが、その周辺へと集まり始めたのです。

 

これとこれを、こんなふうに取り付けるんだよ

 

手を加え、新しく生まれ変わったパーツたちを、嬉しそうに眺めながら、

楽しそうに説明してくれていたあの子ですが、

ふと、部屋を見渡し、どうもすみませんと、

こんな言葉を口にしたのは、一昨日のことでした。

 

少しずつ狭くなる部屋を見渡して、あの子は、

とても申し訳なさそうな顔をしたのです。

 

今日だけ、ここに置いてもいいかなと、こんな言葉から、

家族の部屋へと侵入を始めた、バイクのパーツたちですが、

丁寧に色を塗ったものの上に、何かを重ねて置きたくはないのでしょう。

重ねて仕舞っておけば、傷が付いてしまう可能性だってあるのかも知れません。

 

本当であれば、トレジャーロードと名を変えた、

我が家の廊下に置いてもらえたらとも思いますが、

うちの廊下は、そんなに長い廊下ではありません。

 

もう、あの子の宝物たちで埋め尽くされており、

パーツひとつひとつを重ねずに置いておける場所など、残ってはいないのです。

 

これは、あの子が悪いわけではありません。

うちの廊下が短いのが悪いのです。

もっと、とてつもなく長い廊下であったのなら、

あの子だって、気を使わずに済んだのでしょう。

 

いいんだよ

気にしないで

 

申し訳なさそうな顔をしたあの子に、こんな言葉を掛けながら、

私は、部屋を見渡し考えました。

あの子が気を使わずに、これから先も、

バイクに熱中出来る空間を作るには、どうすれば良いだろうかと。

 

そうして、閃いた私は、昨日から少しずつ、家族の部屋の棚を片付け、

パーツの置き場所を作りました。

 

完璧です。

これなら、綺麗に仕上がったパーツを重ねずに、置くことが出来ます。

 

バイクのパーツたちも喜んでいますよ。

この部屋にいても良いのですか?

そんな声が聞こえてきそうではありませんか。

 

バイクのパーツを集めては、

ひとつひとつ、丁寧に磨きながら、手を入れていくあの子。

なんの知識もない私が見たら、

それが宝物であることすら気付かないようなものたちが、

あの子の手によって美しく生まれ変わる姿を見ることが出来るのは、

今の私の楽しみのひとつです。

 

バイクの完成までには、まだ時間が掛かりそうですが、

フリーマーケット状態だった家族の部屋から、

ショップのように生まれ変わったこの環境の中で、

存分に楽しみながら、夢を叶えて貰いたいなと思います。

 

さて、今回、あの子の夢を叶えるお手伝いにあたり、

実は、結構、無理矢理に、棚を空けました。

 

綺麗に仕上げたバイクのパーツを棚に並べては、嬉しそうにするあの子に、

ひとつだけ、伝えなければならないことがありました。

 

押し入れを開ける際には、十分にお気を付け下さい。

 

え?

でも、そこまで酷くはないんでしょう?

 

私の言葉に、一瞬、ギョッとしたあの子ですが、

それは、開けてからのお楽しみとしておきたいと思います。

 

 

 

 

幸せな夢から覚めた日の朝

あなたへ

 

夢から覚めた私が、

大きく落胆したのは、これで何度目でしょうか。

 

意識がないままに、長い間、眠り続けていたあなたが、

突然に目を覚ました夢を見ました。

 

目を覚ましてくれたあなたと一緒に、

これからどんな景色を見ることが出来るのだろうかと、

たくさんの未来を思い描いていた夢の中の私は、

言葉で言い表すことの出来ないほどの喜びに満ちていました。

 

そうだった。

あなたは亡くなったわけじゃなくて、眠り続けていただけだったんだ。

随分、長い間、眠っていたけれど、

漸く、目を覚ましてくれたんだって。

 

この吉報にとても喜んで、駆けつけてくれたのは、あなたのお母さんでした。

あなたが元気になってくれたことが嬉しくて、

あなたのお母さんと手を取り合って喜びました。

良かったね

良かったねって。

 

これから、あなたとどんな時間を過ごそうか。

明日の私は、あなたにどんな景色をプレゼント出来るのかなって、

希望だけを胸に抱いて、

ただ、目の前にいてくれるあなたを見つめていたはずだったのに、

思い描いた明日はやって来ないままに、私は、目を覚ましました。

 

夢から覚めた私が、大きく落胆するのは、これで何度目だろうかと、

幸せな夢から覚めた日の朝は、時々、そんなことを考えてしまうけれど、

夢の中のあなたがくれた幸せな時間を大切に胸へと刻んで、

私は、またここから先へ歩んで行くよ。

 

私が生きるこの世界には、

夢の中のように、あなたと一緒に見ることが出来る景色はないけれど、

もしかしたら、夢の中のように、

あなたのお母さんと手を取り合って喜んでしまうような素敵な景色だって、

待っていてくれるのかも知れません。

 

きっとそこに見えるのは、あなたにも見せてあげたい素敵な景色。

 

本当はね、

もう少しだけ、あの夢の続きを見たかったけれど、

その続きは、またの機会を楽しみに、取っておくよ。

 

あなた、またね。

きっとまた、逢いに来てくださいね。