拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

11月22日

あなたへ

 

今日は、11月22日。

いい夫婦の日 だそうですよ。

 

カレンダーをよく見てみれば、

数字の語呂合わせや、記念日、

1年の中には、たくさんの、

いつもありがとうを伝える機会があるように思います。

 

いい夫婦の日。

 

カレンダーを眺めながら、

あなたと夫婦になった日のことを思い出していました。

 

あなたは、私たちの記念すべき第一歩の日を覚えていますか。

 

婚姻届を前に、2人並んで座り、

あなたが先に名前を書いたの。

 

そんなあなたの姿を眺めながら、

相変わらず、字が綺麗だなって、

あの時の私は、そんなことを考えていました。

 

そうして、私も、早速ペンを取り、

名前を書き始めると、あなたは、言いましたね。

 

え?本当に書いちゃっていいの?

本当に俺でいいの?迷わないの?って。

 

あなたにそう言われるまで、あなたと結婚することに対して、

迷うだなんて考えたこともなかった私は、

なんだか、驚いてしまいました。

 

え?迷った方が良かったのかなって。

 

僅かな迷いさえなく、

真っ直ぐに、あなたの元へ飛び込もうとしていた私でしたが、

今、思えば、

迷った振りでもしながら、あなたを見つめてみれば、

どんな顔を見ることが出来たのだろうなんて、

そんな悪戯心に、ひとりで笑ってしまいました。

 

何も迷うことなく、あの日、あなたと夫婦になり、

私たちは、人生の伴侶として、歩み始めました。

 

恋人から、夫婦になり、

一緒にたくさんのものを見て、

一緒に成長してきた私たちは、

たくさん喧嘩もしたけれど、

少しずつ、絆を深めることが出来ました。

 

私たちは、とてもいい夫婦だったなって、思っています。

 

ねぇ、あなたは、あの時、迷わなかったの?

本当に、私で良かった?

 

そんなふうに問いかけたとしたなら、

あなたは、どんな返事を聞かせてくれるのでしょうか。

 

今の私たちは、そちら側とこちら側。

 

離れているけれど、

寂しい時や、苦しい時、

そっと寄り添ってくれて、ありがとう。

 

これからも、いい夫婦でいようね。