拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

ただ逢いたい

あなたへ


あなたと他愛もないお喋りをした幾つもの夜を、
思い出していました。


そこで触れた、あなたの考え方に、
笑ったり、勉強させられたり。


あなたとの何気ない会話が、私にとって、
どんなに大切であったかを、思い出していました。


あなたと離れ、4年と2ヶ月。
迷ったり、泣いたりする度に思い出した、あなたが遺してくれた言葉。


あの頃のあなたの言葉に背中を押され、
ひとつひとつ、
ここまで乗り越えて来た私ですが、
今、無性にあなたに逢いたくて仕方がありません。


特別に、困っていることも、悩んでいることもないけれど、
ただ、あなたと話がしたい。


あの頃みたいに、一緒に、温かいコーヒーを飲みながら、
他愛もないお喋りをして、
そこに見える、あなたらしい考え方に触れてみたい。


今日のあなたからは、
どんな話が聞けるのだろうかと、ワクワクした気持ちで、
あなたの側に座り、ゆっくりと、あなたの話に耳を傾けたい。


もしも、ここに、あなたがいてくれたのなら、
今日のあなたは、どんな話を聞かせてくれたのでしょうか。


今日の私は、
あなたから、何を学ぶことが出来たのでしょうか。


あなたに逢いたい。


ただ、あなたに逢いたい。