拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

刻み直した記憶

あなたへ

 

駅前のデパート、閉店したんだよ

 

そんなことを聞いたのは、職場での雑談からでした。

 

え?そうだったんですか

 

出来るだけ、平然を装いながら、雑談を続けた私でしたが、

本当は、胸の奥がチクチク痛かった。

 

そこは、あなたと出会い2番目の冬に、

一緒にペアリングを買いに行った場所。

 

思い返せば、

いつかの夏の始まりに、あなたと一緒に夏用品を買いに行ったのも、

あなたの誕生日が近づき、

あなたに内緒で、こっそりと、プレゼントを買いに行ったのも、

私たちの結婚が決まり、

結婚式で使う小物を揃えたのも、あのデパートでした。

 

当時、この辺りでは、一番の流行だったあのデパートは、

思い返してみれば、あなたとの思い出がたくさん詰まった場所でした。

 

私たちが結婚し、あの子が生まれ、

あのデパートとは反対方向に、更に便利な大型デパートが出来た頃から、

あのデパート方面へ行く機会が、なくなっていったんでした。

 

あのデパート、随分と人が入らなくなったらしいよ

 

あなたがこんなことを言っていたのは、いつ頃のことだったでしょうか。

 

デパートの閉店を知り、

あなたと過ごした時間を思い返していました。

 

あなたと手を繋いで歩いた店内

 

指輪が並ぶショーケースを眺めては、

どれも素敵だと笑ったこと

 

2人で測った指のサイズ

 

あなたが喜ぶ顔を思い浮かべながら、

長い時間を掛けて、あなたへのプレゼントを選んだこと

 

どんな結婚式になるだろうかと、

あなたと2人でワクワクしながら、店内を見て回ったこと

 

あのデパートの閉店をキッカケに、鮮明に思い出したあの頃の記憶を、

もう一度、この胸へと刻み直しました。

 

その手の感触も、

あなたの言葉も、

あなたが、どんな顔で笑っていたのかも。

 

あなたと過ごした思い出の場所は、

きっと、これからも少しずつ、形を変えて、

いつか、あなたが見たこともないような景色へと変わっていくのでしょう。

 

それでも、

どんなにこの景色が変わっていったとしても、

あなたと見た景色は、絶対に忘れないよ。

 

変わり行く景色をひとりで眺めながら、

私はずっと、あの頃の、

あなたと見た景色を想うのでしょう。