拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ  -特別な写真-

彼の遺影は不思議だ

 

悲しい気持ちで彼を見ると
彼も悲しそうに


楽しい気持ちで彼を見ると
彼も笑った

 

笑顔を返してくれる時の彼の遺影は
今にも話し出しそうだ

 

いつだったか
彼の遺影と話をする夢を見た


いつもここから見てるからね の
彼の言葉に とても安心する夢だった

 

彼はそこにいるのだろうか

 

彼と話ができるかも知れないと
彼の遺影を長い時間見つめてみた

 

彼は
笑いを堪えているような
今にも笑い出しそうな
そんな顔でこちらを見つめる

 


もしも本当に彼と話ができるとしたら
私は何を話すだろうか

 

最近の出来事
彼がいなくなって本当は寂しい事


話したい事は山ほどあるけれど

 

それらを上手く伝える事は
きっと出来なくて


たった一言


愛してる

 

ただ それだけを伝えるんだと思う