読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

願い

あなたへ


もしも時間を戻す事が出来たなら、
私は、行きたい日があります。


あなたの検査手術の説明のあった日。


あの日の話では、検査手術の翌日には、一時帰宅をする予定でしたね。

手術と言っても、メスを入れるわけではないから、

翌日には、一時帰宅しても大丈夫ですよ と言う説明でした。


あなたは、ずっと、家に帰りたがっていましたね。


体調が良くないと、病院に行った日、突然、入院する事になってしまったあなた。
一時帰宅の許可が出た時の、あなたの嬉しそうな顔。

忘れられません。


でも、検査手術の日、あなたの容態は急変し、

あの日から、

あなたの声を聞く事も、その瞳に私達が映る事も、二度とありませんでした。


先生からは、

もしも、一時帰宅をしている時に、容態が急変していたら、

そのまま、命を落としていたかも知れません と話がありました。


あなたにとっては、どちらが幸せだったのかな。

 

家に帰る事を望みながら、一度も帰れず、

容態が急変した8日後、あなたが息を引き取るまで、

意識がないまま、生きるのか、

例え、時間が早まってしまう結果になっても、

家に帰って、あなたの好きなように過ごすのか。


考えても、考えても、同じ結論が、出てしまいます。


もしも、一度だけ、時間を戻す事ができるのなら、

あの日、

検査手術の説明があった日に戻って、

私は、検査手術の前に、一時帰宅をしたいと、
先生に、お願いをすると思います。


本当は、あなたが、体調を崩す前に戻って、

あなたを助けたいけれど、
いつかあなたは、言っていましたね。


時間を戻す事が出来たとして、

誰かの命を助けようとしても、

それは、どうしても上手くいかずに、

その人の運命を変えることは、誰にも出来ないんだよ と。


それならね。


私は、最後に、あなたの望みを叶えてあげたい。


どうしても、
あなたの運命が、変わらないのなら、

あなたが望んだ一時帰宅を、させてあげたい。


私だって、
あなたが、一日だけ、帰ってくる事ができると知って、すごく嬉しかった。


食事は、何がいいかな とか、

そうだ、

家の中を、ピカピカにして、あなたを迎えよう とか、

アイスクリームも、買っておこうかな とか。

あなたの喜ぶ顔を思い浮かべて、

あなたの、一時帰宅を楽しみにしていたんですよ。


ねぇ、あなた。


もしも、家に帰る事ができたら、何がしたかった?


私はね。


あなたと、3人で、また、この家で食事をしてね。

退院したら、どこか旅行に行こうかって、あなたに提案するの。

また3人で、どこかに行きたいねって。

あなたは、どこへ行きたい? あなたの行きたい場所に行こうって。

3人で、そこへ行く事を、想像して、みんなでワクワクしてね。

とても楽しい気持ちのまま、
夜は、あなたが真ん中で、3人で手を繋いで眠るの。


そして、

 

朝になっても、あなたが目を覚ます事がなかったとしても、
あなたの、その寝顔に、楽しかったねって・・・

 

また、たくさん泣いて、

あなたのいない日も、辛い事も、

初めから全部やり直しになっても、
私は、全然、構わないよ。


もしも、運命を変える事ができないのなら、

私は、あなたに最高の1日をプレゼントしたい。


ねぇ、あなた。

 

神様は、どこにいるんだろうね。


運命を変えなくてもいい。


でも、1日だけ、やり直したい日があります。


こんな私の願いは、我儘でしょうか。