拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -最後の我儘-

それは 彼がいなくなり 間もなくの事だった


小さな 丸いお菓子を全部食べたら


彼のところに行ける


という夢を見た


手元を見ると 半分程を食べた そのお菓子があった


あと残り半分を食べれば 彼のところに行けるんだ


そう思って

 

私は そのお菓子を見つめていた


それは 死など 不吉な意味はなく


ただ 彼の側に行けるというものだった


私は ただ彼と3人で一緒にいたいだけだった


すると 彼は突然目の前に現れ 私に言った


まだこちらに来てはいけないよ


お前が先に来ても あの子はいつ来られるか 分からないから


彼の言葉に私は


じゃぁ 夢の中で 時々3人で一緒に過ごせれば それでいいよ


そう伝え


お菓子を食べる事を諦めた


あれは


夢の中で これは夢だ と知りながら 

 

彼に話し掛けている という 不思議な夢だった


あれから時々


彼とあの子と私の家族3人で 楽しく過ごす夢を見る


それは


日常であったり


どこかへ出掛けている事もある


彼の夢から覚めた私は


いつでも 温かい気持ちになる


そんなふうに目覚めた朝は


逢いに来てくれたんだね 楽しかったね と


寝癖のまま 彼の遺影に話しかけてみる


「時々 夢の中で3人で過ごしたい」

 

あの夢の中 伝えた 私の最後の我儘を

 

彼は聞いてくれたのだろうか