拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -DM-

時々 ポストに彼宛のダイレクトメールが届く


きっと彼が会員になったり 住所を書いた先であろう店から届くものだ


彼がいた頃は 

 

届いていたよ 

 

そう言って手渡していたが


彼は さほど興味もなさそうに眺めていただけだった


彼がいなくなってからも相変わらず


彼宛のダイレクトメールが届く


あの頃に届いていたダイレクトメールは


ただの紙でしかなかったけれど


今は


彼宛のダイレクトメールが


彼がちゃんと生きていた証に見える


彼がいなくなって 2年と少し


彼がいた日々は 毎日 少しずつ 遠くなっていき


私が見ていた彼は 幻だったのだろうかと思う事がある


そんな時にポストに届く彼宛のダイレクトメールは

 

私を 彼がいた日々の記憶に戻してくれるものになった

 


彼と過ごした日々は

 

幻なんかじゃなかったんだね