読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -波-

彼に逢いたい
彼の声が聞きたい
何処にいるの?寂しいよ


彼の分まで頑張ろう
いつか彼に逢えたら
たくさんのいい報告が出来るように
頑張ろう


それは寄せては返す波のように
繰り返す私の気持ち


逢いたい
頑張ろう
逢いたい
頑張ろう


繰り返し  繰り返し
やってくるその波に
半歩下がっては一歩進む


私はきっとこの先も彼のいない時間をこんなふうに

ゆっくり  ゆっくりと
歩んで行くのだろう


ゆっくりと歩みながら


いつか彼が本当に行きたかった場所に
辿り着ければいい


いつか彼が本当に見たかった景色を

見る事が出来ればいい


上手に波と向き合う方法は
まだ見つからないけれど


いつかもっと上手に向き合いながら
彼が目指したところへ辿り着きたい