拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたが見ていた景色

あなたへ


私よりも、4つ年上だったあなた。


いつでも、私よりも4歩、先を行くあなたは、
私よりも先のことを知っていて、
私が転ばないようにと、私の足元を照らしてくれているように見えました。


そんなあなたの光を頼りに、
私は、あなたを追いかけていたんでした。


いつでも、私よりも4歩、先を行くあなたは、
時に、どんなに頑張っても、追いつかない人に見えました。


そんな時は、なんだか、少しだけ、悔しくて、
あなたのところに追いつこうと、
時に、大股で歩く努力をしたんでした。


例えば、同じものを瞳に映してもね、
その年齢によって、見え方とか、感じ方って、
きっと違うんだろうなって思っていました。


だから、あなたは、私にとって、
追いつけそうで永遠に追いつけない、
私が知らない、何かを知っている人。


時々、そんなふうに考えていました。


今日、またひとつ、無事に年を重ねることが出来た私は、
あなたと同じ年齢になりました。


これから、私の瞳に映る景色は、
あなたが見ていた景色。


今日から、
あなたが最後に見ていた景色が、この瞳に映ります。


今まで、見つけることができなかった新しい何かを、
見つけることが出来るでしょうか。

 

あの頃、あなただけに見えて、私には見えなかった何かを、

見つけることが出来るでしょうか。