拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

私がいない世界 【11】

 

花火大会の翌日、私たちは、我が家へ帰って来た。

間も無く、お盆が明ける。

 

今は、深夜の時間帯。

とても疲れていたのだろう。彼は、テレビの前で眠ってしまった。

 

『こんなに痩せちゃって。目の下に、クマできてるよ。ごめんね。』

随分とやつれてしまった彼の頬に、そっと手を添えてみた。

 

どのくらい、そうしていただろう。

突然に、彼は起き出し、ボーッとテレビを観ている。

 

次の番組が始まっても、CMになっても、

表情ひとつ変えずに、ただ一点を見つめたまま、

彼は動こうともしない。

 

テレビからは、笑い声が聞こえるけれど、彼は笑わない。

 

止まってしまった時間が、漸く、進み出したかのように、

彼は、不意にテレビのチャンネルを変えた。

私の好きな、お笑い芸人が出ている。

 

『ねぇ、これ観ようよ。』

 そんな私の声が届いたかのように、

彼は、リモコンをテーブルの上に置いた。

 

私は彼の隣に座ってテレビを観ながら、思わず、笑ってしまった。

 

『ねぇ、これ面白いよね。』

そう言って隣を見ると、彼は静かに泣いていた。

 

『ねぇ、泣かないで?』

彼には届かないことを知りながら、私は彼の前に座って語りかけた。

 

『なんでも出来るあなただから、全部、大丈夫だって思ってた。

私が思っていたよりも、

ずっとずっと、辛い思いをさせてしまったんだね。

そんな顔をさせてしまって、ごめんね。

でもね、あなただから、

私は、安心して、あの子のことを任せることが出来るよ。

あなたなら、大丈夫。』

 

そうして、私は、

彼の頬を両手で包み、涙を拭った。