拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あの子の髪型

あなたへ

 

あなたがよく知るあの子の髪型は、いつでも、ちょっと長めの髪型でしたね。

あの子が幼なかった頃の写真を見れば、

どの写真も、耳に掛かるくらいの髪の長さで、

いつだったかのあの子は、

ショートカットの女の子と間違えられてしまったことがありましたっけ。

 

あなたを見送り、どれくらいが経った頃からだったでしょうか。

いつの頃からか、

あの子は、短めの髪型を好むようになりました。

 

美容室へ行くのは、数週間に一度。

常に、短くカットした髪型を維持していました。

 

少し、髪を伸ばしてみようかな

 

こんな言葉を聞いたのは、

あの子が、高校卒業を間近に控えた頃のことでした。

 

コロナウイルスの影響により、美容室へ行くことを自粛しているあの子は、

自分で、バリカンを使って、ツーブロックを入れるようになりました。

 

もう、何度、自分でバリカンを使ったでしょうか。

バリカンの使い方にも慣れて、

とても上手に仕上げることが出来るようになりましたよ。

 

両サイドにツーブロックを入れ、伸ばし始めたあの子の髪は、

ここ数年の中で、1番、長くなりました。

 

先日のあの子は、あなたの遺影をじっとみつめて、言いました。

俺も、髪を伸ばしたら、似合うのかなって。

 

あなたによく似たあの子。

あなたみたいに長めの髪型も、きっと、よく似合うのでしょう。

 

これから、どんなあの子の顔を見ることが出来るのでしょうか。

なんだか、とても楽しみですね。