読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

前髪

あなたへ

 

あなたがこちらにいた頃は、
私の前髪が伸びると、いつも、あなたが切ってくれましたね。

 

手先が器用なあなたは、いつもきれいに切ってくれた。

 

最後に、あなたに前髪を切ってもらったのは、
2年前の、梅雨の頃だったでしょうか。

 

新聞紙を引いて、

真剣に私の前髪を切るあなたの顔が時々、可笑しくて、

笑っちゃう私に、

「曲がるぞ!」って、怒るけれど、

やっぱりそれにも笑っちゃう私に、あなたも、一緒に吹き出した。

 

あなたは、私の前髪を切る度に、どんどん上達して、

美容師さんにも負けない腕前でしたね。

 

あなたが、そちら側へ逝き、
私は、自分で前髪を切るようになりました。

 

あなたの切り方を思い出し、
あなたに切ってもらっている事を想像してみたけれど、
やっぱりちょっと、曲がってしまいます。

 

いつか、上手に切れる時が来るでしょうか。

 

この前髪が伸びたらまた、挑戦してみたいと思います。

 

今度はもっと、鮮明にあなたの事を思い出しながら。

 

 

 

 

 

~洗うたび、髪が甘い恋をする~チョコレートシャンプー