拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -過去へ-

今 隣にいる大切な人が
居なくなったことを


想像したことはありますか


当たり前だった日常が
突然に終わった日のことを


想像したことはありますか


喧嘩をして
意地を張ったまま


いつでも謝ることが出来ると思っていませんか


当たり前に
いつでも


大切な人の
ただいまの声が
聞こえると思っていませんか


今 隣にいる大切な人は
ずっと側にいてくれるわけではありません

 


その日は
突然にやって来ます

 


今 ここに
その温もりはありません


今 ここに
当たり前に聞こえていた
ただいまの声は聞こえません


大切な人の笑顔を よく覚えてください


大切な人の手の温もりを よく覚えてください


大切な人の声を よく聞いてください


大切な人に ちゃんと気持ちを伝えてください


いつもありがとう
愛しています と


1日1日を大切に
今 側にある温もりを抱きしめてください


今のあなたは


とても
幸せなんだよ


今よりも
もっともっと


隣にいる大切な人を幸せにしてあげてね

 


L判サイズの幸せのカケラを見つめながら
時々
ここに写っている彼女と
話が出来ればいいのにと思う


これは
過去の私に伝えたいコトバ