拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

体調報告

あなたへ


先週末は、ほぼ、横になって過ごしましたが、
体調は、良くなるどころか、どんどん悪化し、
先日、病院へ行って来ました。


診察を受けながら、
肺炎という言葉と、
レントゲンを撮ってみましょう という言葉に、
なんだか、ドキドキしてしまいましたが、
肺炎の心配はなく、風邪だったようです。


今回、大きく体調を崩したことで、
あの子には、随分と心配を掛けてしまいました。


あなたが側にいないということは、
あの子に、ほんの少しの心配も掛けてはならないということだと、
再確認しました。


高熱は出なかったものの、とても眠くて、
ここ数日は、随分と、たくさん眠ったように思います。


眠っている間、あなたの夢を見ました。


家に帰って来てくれたあなたは、
何故か、物陰に隠れるようにして、テレビを観ていました。


とても短い夢でしたが、
目が覚めた私は、夢の中のあなたの姿が可笑しくて、
なんだか、笑ってしまいました。


あなたも心配して、
そちら側から、様子を見に来てくれていたのでしょうか。
物陰に隠れて、こっそりと。


まだまだ、本調子とはいきませんが、
当初に比べると、少しずつ、楽になって来ました。


暫くの間は、早めに休むことを心掛け、
早く元気になって、あの子を安心させたいと思います。