拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

年を重ねる

あなたへ

 

今日、無事に、

あなたよりも1歳多く、年を重ねることが出来ました。

 

思えば、

漠然と、あなたの年齢を超えることはきっと、出来ないのだろうと、

そんなことを考えていた私が、

こんなに、穏やかな気持ちで、

あなたの年齢を越える日が来るだなんて、思ってもいませんでした。

 

あなたを見送り、5回目の私の誕生日。

 

雲の隙間から見える太陽の暖かな日差しと、

心地の良い風を感じながら、

あなたのことを考えていました。

 

あなたよりも年上になった私ですが、

きっとまた、あなたを想いながら、

泣いてしまう日も、

小さな石ころに躓いて、

格好悪く転んでしまう日もあるのでしょう。

 

そんな時は、きっと、あの頃と同じように、

あなたの名前を呼んでしまうのだと思います。

 

そうして、

もう、すぐ側で、手を差し伸べてはくれないあなたを想いながら、

私は、きっと、

ひとりで立ち上がる術を学ぶのでしょう。

 

年をとる

ではなく

年を重ねていきたい

 

この年齢に相応しい、経験と知恵を身に付けながら、

いつまでも、あなたが好きになってくれた私のまま、

成長出来たらいいなと思っています。