拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

虹色の奇跡

あなたへ

 

今月の11日に、東日本大震災から9年を迎えました。

たくさんの悲しいことがあったあの出来事は、

決して忘れることが出来ませんね。

 

丁度、9年目を迎えたあの日、

地震があった午後2時46分過ぎに、

被災地で、虹が掛かったとのニュースを目にしたのは、先日のことでした。

 

空に掛かった綺麗な虹の映像に、

私は、そちら側と、こちら側の深い繋がりを感じました。

 

やはり、此処ではない世界は、あるのですね。

誰かの大切な人も、あなたも、

きっと、皆がそこにいるのですね。

 

ないと証明されていないことは、ないことにはならないと、

いつかのあなたが言っていた言葉を思い出します。

 

そう。きっと、そちら側の世界は、

あるとは証明されていないけれど、あるということなのでしょう。

 

見たことのない、そちら側の世界を想像してみます。

 

皆さん、お集まりいただき、ありがとうございます

皆さんも知っての通り、向こう側では、今、

大変な事態が起きているようです

そこで、今年は何か、

大きな催し物を行いたいと思いますが如何でしょうか

 

いいですね

 

賛成です

 

皆が笑顔になれるような、素敵なことをしたいですね

 

それでは、空に大きな虹を掛けるというのどうでしょうか

 

虹ですか

いいですね

 

私も虹がいいと思います

 

それでは、

日本時間の2020年3月11日 午後2時46分を少し過ぎたら、

空に虹を掛けることにしましょう

きっと、こちら側からの贈り物だと、

誰もが気付いてくれるでしょう

 

そちら側では、

9年前のあの日、

この世を去らなければならなかった誰かの大切な人たちが皆、集まって、

こんな会議が開かれていたのかも知れませんね。

 

きっと、

此処に遺した大切な人の笑顔を見るために、

入念に準備を整えて、あの日を迎えたのだと思います。

 

そちら側から、大切な人へ、想いを伝えたい。

私には、そんな彼らの想いが起こした、奇跡の虹色に見えました。

 

あなたを見送り、5回目の、

あなたを想う日のことを思い出しました。

 

あの日、私は、泣き出しそうな気持ちで、空を見上げたはずだったのに、

見上げた空に飛行機雲を見つけて、

ひとりでに笑顔になっていたのでした。

 

あの日の飛行機雲も、

きっと、あなたからの贈り物だったのでしょう。

 

あるとは証明はされていない、あなたがいるそちら側は、

やはり、空で繋がっている。

 

そちら側の彼らが起こしてくれた虹色の奇跡は、

私にそれを教えてくれました。

 

 

www.emiblog8.com