拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -春-2020

春の風を 覚えていますか

春の色を 覚えていますか

春の匂いを 覚えていますか

 

その髪を揺らす爽やかな空気を

その瞳に映る鮮やかさを

鼻を擽る甘い香りを

 

覚えていますか 

 

一緒に過ごした三番目の春

あの頃のふたりを覚えていますか

 

同じ将来を思い描いたあの頃の私たちは

それまでの道のりを振り返るよりも

ずっと先の未来を見ていたね

 

隣に並ぶその横顔も

逸れないようにと強く握ってくれた

その手の温もりも

 

私はよく覚えています

 

この先の未来にも

ずっとあなたが側にいてくれることが嬉しくて

 

ただその温もりを感じながら

はにかんで俯いたあの頃の私は

 

あなたに

何を伝えることが出来たでしょうか