拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたの願いが叶いました【4】

 

そういえば、おじいさんは、さっきから、支度をしろと騒いでいる。

私の夢を叶えてくれるとも。

一体、何のことだろう。

「えっと、どこに、ですか?」

 

「あれ?空を見上げて、お願いしてなかったかな?彼に逢いたいって。

さて、その彼とは、何処にいるのかな。」

両手を腰に当てて、胸を張り、どうだと言わんばかりの顔で、

今夜は、その願いを叶えに来たのだと言う。

「え?今ですか?」

 

本当に彼に逢えるのだろうか。

突然現れた目の前のおじいさんをジッとみつめながら考えた。

もしも、彼に逢えるのなら、今すぐにでも、逢いに行きたい。

確かに、私は、彼の言う通り、空を見上げては、彼に逢いたいと願っていた。

 

「もう一度だけ、彼に逢いたい。」

静かな声で、私の願いを口にしたのは、おじいさんだった。

 

もう一度だけ。

その一度を、今、使ってもいいのだろうか。

いや、駄目だ。駄目に決まってる。

私には、夢がある。

もしも、一度だけ、彼に逢いたいという願いが叶うのなら、

私の夢が叶った時に逢いたい。

 

頑張っているよ。

なんの一点の曇りもなく、笑顔で、彼にそう報告するために。

 

「ごめんなさい。今はまだ、彼には逢えません。

逢いたいけれど、逢いたくないんです。」

お爺さんは、首を傾げて、私の言葉を繰り返した。

 

逢いたいけれど、逢いたくない・・・