拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あなたが龍になった日

あなたへ


四十九日の法要の日、あなたの戒名をいただきましたね。
それは「龍」の字が入った、あなたが、とても気に入りそうなものでした。


あの日、ご住職は、おっしゃいました。


四十九日は、故人があの世へと旅立つ日になりますが、
向こうに行ったままになってしまうのではなく、
龍になって、向こう側とこちら側を自由に行き来できるように、

いつでも、大切な人に会いに行けるように、

そんな想いを込めて、龍と言う字を使った戒名を付けました と。


その言葉を聞いて、涙がこぼれました。


あの日、あなたが夢で見せてくれた、

行ってきます の笑顔の意味が分かった気がしました。

 


四十九日の法要が済んで家に帰ると、
部屋の中は、また、以前の空気へと、変わっていました。

 

そこにはもう、あなたはいないと感じました。


でも、不思議と、悲しい気持ちにはならなかった。
部屋の中の空気が軽くなるように、
何故か、私達の心も、軽くなりました。


あれから、あの時のように、

はっきりとあなたを感じる事はなくなりましたが、


例えば、運転中に、豪雨に見舞われ、停車出来ずに、冠水した道路を運転しながら、

半泣きで、あなたの名前を呼んだ時に、


例えば、本当に、辛い事があって、泣いた時に、


例えば、どうしていいのか分からない程に困った事があった時に、


ふと寂しくなった時に、


あなたが、側にいてくれるような気がします。


あなたは、あの日、龍になり、

真っ直ぐに、天へと昇って行ったのでしょう。

 

そして、時に、雲の隙間から、時に、地上に降りて、
私達が本当に、あなたを必要とした時、

或いは、あなたが、望んだ時に、

あなたは龍になり、自由に、そちら側とこちら側を行き来しているのでしょう。


きっと、青色の龍になり、

大空を飛ぶあなたの姿を、想像してみます。


かっこいいでしょ? なんて、ちょっと自慢気に、

気高く、堂々としたあなたの姿を見る事ができたら、
私はまた、あなたに惚れ直してしまいそうです。


姿は見えなくても、離れていても、
私はいつでも、あなたを誇りに思っています。

 

 

 

 

 

誕生日プレゼント 男性/女性スワロフスキー クリスタル/青 龍(蒼龍)の置物