拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ  -クリスマスツリー-

もうすぐ
クリスマスだよ


白い息を吐きながら
見上げた空に光る たくさんの星に
3人で見たイルミネーションを思い出したよ


いつか大きなクリスマスツリーが欲しいねって言ったら
彼は笑って言ったんだ


どこに置くのって


決して広いとは言えなかった
3人で暮らしたあの家には


確かに
大きなツリーは
似合わなかったのかも知れないね


買えないけれど見に行こう


いつかの夜に彼が連れて行ってくれたのは
色鮮やかに光るイルミネーションの世界


サンタが乗ったソリ
トナカイ
見上げるほどに
大きなクリスマスツリー


全てが光り輝く空間をバックに
写真を撮ったのは何年前だったかな


笑っていた記憶しかないその場所は
寒いけれど
楽しすぎて
ずっとここにいたいと思っていたよ


いつか3人で
大きなツリーに飾り付けをすることが
夢だった私は


小さなクリスマスツリーを3人で囲みながら
やっぱり毎年
笑っていた記憶しかないんだ


あの時間を幸せって言うんだね
楽しかったね


もう大きなクリスマスツリーが欲しいなんて言わないから
プレゼントに
あの頃の時間がほしい


ほんの少しだけでいい


小さなクリスマスツリーを囲んで
3人で笑っていた あの頃に戻って
彼に一言だけ
伝えたいことがあるんだ