拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

缶コーヒー

あなたへ

 

あの缶コーヒー、久しぶりに飲みたいな

買って来てよ

 

あなたは、そんなふうに、

私に話し掛けてくれていたのでしょうか。

 

早速、あなたの場所へと、缶コーヒーをお供えしながら、

あの頃のあなたのことを思い出していました。

 

庭の草取りを担当してくれていたあなたを中心に、

あの子と私も、お手伝い。

 

そんなふうに、

あの庭で過ごした時間は、どれだけあったでしょうか。

 

ジュースタイムにする?

 

草取りの日には決まって、

あなたのそんな声から、休憩タイムが始まったのでした。

 

家から徒歩10秒。

 

あなたの声を合図に、3人揃って、

自宅近くの自販機まで、飲み物を買いに行きましたっけ。

 

その時に、あなたが決まって選んでいたのは、

甘い缶コーヒー。

 

普段は、私が淹れたコーヒーが一番だと、

市販のものは、あまり飲まなかったあなたでしたが、

草取りの日には、決まって、

あのお気に入りの缶コーヒーを飲んでいましたね。

 

あなたと過ごした最後のジュースタイムは、

あの年の、春の頃だったでしょうか。

 

あなたの月命日や、お盆。

 

大切な日には、必ず、

あなたが好きだったものをお供えしている私ですが、

何故だか、

あなたのお気に入りだった甘い缶コーヒーを思い出すことは、

これまでに、一度もありませんでした。

 

私のお気に入りの缶コーヒーでもあったはずなのに、

あなたを見送り、

まるで、初めからなかったかのように、

私の中から、消えてしまっていたのでした。

 

突然に、私の中に浮かんだ、あなたが好きだった缶コーヒーは、

なんだか、あなたが思い出させてくれたように感じました。

 

ねぇ、あの缶コーヒー買って来てよ って。

 

今日のあなたの場所には、

私が淹れたコーヒーと、

あなたからのリクエストの缶コーヒーが並びました。

 

コーヒーばかりでいいの?

 

そんなふうに問いかければ、

あなたは、きっと、笑って頷いてくれるのでしょう。

 

こちらでは、随分と日が短くなり、

少しずつ、冬の訪れを感じられるようになりましたが、

今日の私は、目を閉じて、

あなたとあの子と、家族3人で、

近所の自販機へと飲み物を買いに行った、

初夏を思わせる、あの頃の季節を思い出していました。

 

 

 

 

 

 

1ページ目はこちらより↓

拝啓、空の彼方のあなたへ - 拝啓、空の彼方のあなたへ