拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

あの子の髪

あなたへ

 

ここはパパ似。

ここはママ似。

 

あの子が生まれてからの私たちは、

何度、こんな会話をしたでしょうか。

あの子が少し成長すれば、

あなたに似たり、私に似たりと、

いつでも忙しなく、その変化を見せてくれましたね。

 

あなたを見送り、成長と共に、

少しずつ、若かった頃のあなたによく似てきたあの子。

私似の、細く柔らかな髪質は、

幼い頃からずっと、変わっていませんでしたが、

最近になって、あの子の髪質が、

あなたに似た、太く丈夫そうな髪質へと変わりました。

 

俺、最近、髪の毛が硬いんだけど

 

先日のあの子のこんな言葉から、あの子の髪を触ってみると、

そこには、私がよく知っている手触りがありました。

 

あの子が大人へと近づくほどに、

幼い頃のような、日々の変化は見られなくなりましたが、

またひとつ、ここに、あの子の成長を見つけました。

 

あの子の成長の中に、あなたに似ているところをひとつ見つける度に、

此処にあなたがいてくれたらと、胸の奥が痛むけれど、

きっと、あなたにこの手紙が届きますようにと願いを込めて、

新しくみつけたあの子の成長を、ここに記しておきます。

 

ここはパパに似ているね

 

この言葉は、あなたを笑顔にする魔法の言葉。

 

今日も何処かで、あなたは笑ってくれているでしょうか。

あの頃と同じ、最高の笑顔で。

 

 

www.emiblog8.com