拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

スーパーマーケット

あなたへ

 

会社帰りに、スーパーで買い物をして帰って来ました。

ひとりで店内を回りながら、ふと、思い出したのは、

先日、あの子と一緒に買い物をした日のことでした。

 

そうだ

アレも見てみない?

 

気が付けば、いつもよりも、たくさん入ったカゴの中。

あの日の買い物は、いつもよりも、長くの時間が掛かりました。

 

隣に誰かがいれば、足を止める場所も多くなり、

買い物に掛かる時間も変わる。

 

先日、あの子が一緒に買い物をしてくれたことから、

そんな感覚を思い出してしまった私は、

なんだか少し、寂しくなりました。

 

ひとりよりも、少しだけ、時間が掛かるスーパーでの買い物は、

とても楽しくて、幸せな時間。

 

スーパーでも、何処でも、一緒に行こうね

 

結婚が決まったばかりの頃の、あなたの声を思い出します。

誰かと一緒に、スーパーで買い物をするって、こんなに楽しいものだったんだ。

一番初めに、それを教えてくれたのは、あなたでした。

 

ひとりで買い物をする時は、短時間で済む代わりに、

そこに、笑い声はありません。

今日の私は、ただ、淡々と、品物をカゴへと入れながら、

あっという間に、買い物の時間は終わりました。

 

これから、私はずっと、ひとりぼっち。

 

小さなため息を吐きながら、

どうすることも出来ないままに、私はまた、

ひとりでの買い物の時間に慣れていくのでしょう。

 

でも、ふと、思いました。

 

今の私がこんなに寂しいのは、

きっと、とても幸せな時間を知っているからなのだろうって。

 

 

 

www.emiblog8.com