拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -痕跡-

ふと周りを見渡して

寂しくなる

 

こんな瞬間は あの日から

何度 経験したのだろう

 

4年と10か月前

私の側には 沢山の痕跡があった

 

彼が息を引き取り

家に帰ったあの日の気持ちは

今でも忘れられない

 

つい最近まで 家族3人で暮らしていた痕跡

 

彼のお茶碗

お箸

マグカップ

歯ブラシ

仕事道具

 

家中に遺された彼のものたちは

ただそこで

じっと彼の帰りを待っているように見えた

 

掃除をしながら 彼の髪の毛をみつけた時は

胸が締め付けられる思いで それを見つめ続けた

 

彼が側にいてくれた頃は

ただのゴミでしかなかったものさえ

彼が此処に生きていた証に見えた

 

あれからの私は

少しずつ

引っ越し用のダンボールに

彼のものを詰め込んだ

 

今思えば

そうすることで

悲しみも一緒にダンボールの中に

詰め込んでしまえると思っていたのかも知れない

 

そうやって

少しずつ 私の周りから痕跡が消えていった

 

そして

彼を見送り3番目の冬に

彼と過ごしたあの家を後にした

 

あの頃の私は

彼が此処にいた痕跡を見ることが辛かったくせに

今の私は

此処に彼の痕跡がないことが辛い

 

部屋中を見渡しては

胸が締め付けられるのは あの頃と同じで

なにひとつ変わらない

 

ふと周りを見渡して

寂しくなる

 

こんな瞬間は あの日から

何度 経験したのだろう

 

ただ彼の側にいたい

それが死を意味するしかなかったあの頃

 

ダンボールに詰め込んだはずの悲しみは

・・・

悲しみだけは

ダンボールにしまうことが出来なかった

 

ただ彼の側にいたい

それが死を意味するしかないまま

私は時々考えた

 

彼の痕跡がなくなってしまったこの部屋を

見回しながら

私が望む本当の答えを

 

違う・・・

違うんだよ

 

死にたいわけじゃない

 

私はただ

彼とずっと此処にいたかった

 

一緒に生きていたかったんだ

 

ふと周りを見渡して

寂しくなる

こんな瞬間は あの日から

何度 経験したのだろう

 

彼のものだけがなくなった部屋の中を

見回しながら

私は漸く

自分の本当の気持ちを見つけたんだ

 

私は生きたい

 

何処にも仕舞う場所がない悲しみを抱えたまま

それでも私は きっと初めから

生きることを望んでいたのだろう

 

私はただ

彼と一緒に

生きたかっただけなんだ