拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -買い物カゴの中-

例えば

 

焼きそば

茹でうどん

冷やし中華

豆腐

納豆

 

それから

 

プリン

ゼリー

ヨーグルト

 

 

スーパーで買い物をしながら

3個で1セットのものが多いように感じたのは

いつのことだっただろう

 

1セットで家族3人分

 

それは我が家にとって 丁度良い数だった

 

私の買い物カゴの中には

当然のように

色々な3人分のものが入っていた

 

2人分と小さく書かれた焼きそばを見つけたのは

彼を見送り

どれくらいが経った頃だっただろう

 

その時 初めて

売り場をよく見渡して

2人分のものも色々と売っていることを知った

 

それまで目に付かなかったのは

無意識のうちに3人分を探していたからなのか

それとも種類が豊富になったのが最近なのか

それすらよく分からないくらいに

 

それまでの私は

2個がセットになっているものへは

目がいかなかったような気がする

 

初めてそれらをみつけた日には

その主張を控えて

誰かが手に取るのを

ひっそりと

そこで待っているように見えた

 

あぁ・・・2個のものもあるんだ

 

そう認識しながらも

相変わらず

3個がセットになったものへ手を伸ばすのは

変化を望んでいないからだ

 

買い物カゴの中まで 2人になりたくない

 

せめてこの中だけは

家族3人のままでいたい

 

私の買い物カゴの中は

あの頃と

とてもよく似ている

 

カゴの中を覗いてみれば

あの頃と同じ 当たり前が存在する

 

あの頃と違うのは

ほんの少しだけ

胸の奥が掴まれるような痛みがあることだ

 

皆と同じように

平然とした顔をして

レジに並びながら

 

自分のカゴの中を覗いては

こっそりと

あの頃の自分と重ね合わせる

 

3人家族に見えるかな

 

時々そんなことを考えてしまうのは

何故だろう

 

きっと誰も見ていないのに

 

そんなことを思いながらも

私だけが気になる家族3人の形

 

前に進むことをやめた 私の買い物カゴの中

 

ここから一歩 前へ進む日は

ちゃんと決めている

 

だからそれまでは

ここから一歩たりとも前へは進まない

 

これは

誰にも話したことのない

私だけの

あの頃のままの時間だ