拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

コトバ -母へ-

私が 

貴女を始めて

お母さんと呼んだ日を 知っていますか

 

あれは彼の告別式を終え

間もなくのことでしたね

 

庭の畑

 

貴女が大切に育てた野菜を

一緒に収穫しながら

まるで世間話でもするかのように

不意に言ってくれたのでした

 

あなたは嫁ではなく娘だからね と

 

その言葉は

血の繋がりを超えて

私のところに届いた

貴女からの深い愛情でした

 

お母さん

お義母さん

どちらも呼び方は変わらない

 

おかあさん

 

私はあの日から

そっと

貴女のことを

お母さんと呼んでいます

 

貴女はきっと

ひとりで

たくさん泣いたのでしょう

 

本当なら

人目も憚らずに泣いていた私のように

貴女だって泣きたかったはずなのに

 

それなのに

 

貴女は私のことを気に掛けて

たくさんの愛をくれましたね

 

本当にありがとう

 

貴女のあの言葉は

私の励みになり糧となりました

 

お母さん

 

貴女の目の前に

掛け替えのない大切なものがありますね

 

今 とても幸せだよ と笑ったあの日の貴女は

とても綺麗でした

 

貴女の瞳に映る景色が

ずっと

ずっと

鮮やかであり続けますように

 

私は少し離れた場所から

そっと貴女を想っています

 

彼を生み

育ててくれた貴女が

いつまでも幸せでありますようにと

 

恥ずかしがり屋な私は きっと

何度会っても

この気持ちを

貴女に伝えることはないのでしょう

 

言葉で伝える代わりに

 

ここに

そっと

私の気持ちをコトバにして

 

 

www.emiblog8.com