拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

お兄さんジョニー

あなたへ

 

高校を卒業し、こちらのこの事態から、

まだ、進学先へ入学出来ずにいるあの子は今、

とても長いお休みを過ごしています。 

 

高校の自由登校と、入学延期。

思えば、あの子の長いお休みは、3ヶ月を迎えようとしています。

こんなにも長く休みが続いてしまえば、

生活リズムが崩れてしまうのも、当然なのかも知れません。

 

恐らくは、夜、布団に入ったあの子は、

音楽を楽しんだり、

動画を楽しんだりしながら、

なかなか眠りに就くことなく、その時間を過ごしているのでしょう。

 

寝る時間が遅くなるから、朝、起きられない。

そんなことは、分かりきっていながらも、

ついつい携帯電話へと手が伸びてしまう気持ちも、

分かるような気もします。

 

そんなわけで、当然ながら、朝、起きないあの子。

 

毎朝、仕事に出掛ける前には、あの子に声を掛けますが、

相変わらず、朝限定のアイツは健在です。

 

その眠りを妨げる者全てに牙を剥く、その名はジョニー。

 

いつの頃からか、毎朝現れるようになった彼ですが、

近頃のジョニーに、変化が現れました。

以前ほどの鋭さがなくなったのです。

 

朝だよと声を掛ける私の声に反応し、返事をするジョニーですが、

 

え?あぁ、そうなんすか?

あ゛ぁ!そうなんすね?

あーはいはい! と、

なんと言葉が柔らかくなったのです。

 

これは、ジョニーの成長ではありませんか。

 

この、敬語を使えるジョニーを、こっそりと、

お兄さんジョニーと呼ぶことにしました。

 

あの子は、この、ジョニーの成長を知りません。

 

ある日突然、あの子の中に現れたジョニーは、

時間を掛けて、

あの子の成長と共に、一緒に成長しているようです。

 

まだまだ、ジョニーとの戦いの日々は続きそうですが、

こうして、あの子の成長と共に、

進化を遂げるジョニーを見守るのも、悪くないのかも知れません。

 

近ごろの不穏な空気のこちらですが、

ジョニーの成長に、なんだか、心が和みました。

 

私は、ジョニーを産んだ覚えはありませんが、

ここ数年、ジョニーとほぼ毎日接しているうちに、

なんだか、ジョニーのお母さんにもなったような気がしてきました。

 

これから、どんな成長を見せてくれるのでしょうか。

 

あの子の成長と共に、

ジョニーの成長も楽しみに、見守っていきたいと思います。

 

 

www.emiblog8.com