拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

元気に会える日を楽しみに

あなたへ

 

コロナウイルスに怯えながら生活をするようになってから、

何ヶ月が経ったでしょうか。

 

緊急事態宣言が解除され、

以前のような生活に戻った人。

自粛生活を心掛ける人。

その生活の仕方は、様々ですが、

我が家では、自粛を心掛けた生活を続けたまま、

離れて暮らす家族や、友人と会うことを避けてきました。

 

私たちが住むこの辺りでは、近隣に比べて、コロナウイルス感染者数も多く、

連日のように、感染者数の発表があります。

 

今は、誰とも会わない方が、

大切な人のことも、自分のことも、守ることに、

きっと繋がるのだと考えてきました。

 

初めは頑張れていた静かな生活ですが、

本当はね、時々、

行きたい場所へ行けないのも、

逢いたい人に会えないのも、

なんだか、ため息が出てしまうのです。

 

ため息が止まらないままに、

先日、友人と連絡を取りました。

 

お互い元気で良かったね

コロナウイルスが落ち着いたら、またランチに行こうね

今は、お互いに頑張ろうね

 

心が前を向かないままの私にくれた、

友人の、今は頑張ろうね の言葉は、私をとても励ましてくれました。

 

この静かな生活に終わりが来たら、

友人とも会えるし、

あの子との今度の約束も待っているんだって。

 

今はまだ、もう少し、我慢の時なのでしょう。

 

あの時は、本当に大変だったねって、

元気に、友人と会える日を楽しみに、

もう少し、静かな時を過ごそうと思います。