読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拝啓、空の彼方のあなたへ

きっと、空に近い場所にいるあなたへ伝えたいこと。手紙、時々、コトバ。

叶えたかった夢

あなたへ

 

 

私には、ひとつだけ、あなたと2人で叶えたい夢がありました。

 

あなたと私、年を取って、おじいちゃんとおばあちゃんになったら、
派手なペアルックを着て、散歩する事が夢でした。

 

その頃のあなたは、きっと丸くなっていて、

しょうがないな って、私が準備した、かわいいペアルックを着て、

手を繋いで、一緒に近所を散歩してくれたでしょう。

 

若いカップルとすれ違ったら
「私達も、あんな時がありましたね」
って

 

小さな子供を見つけたら
「あの子にも、あんな時がありましたね。元気にしてるかしら?」
って

 

ゆっくりとした時間を過ごしながら、

あなたと話をするのも、楽しみだった。

 

かわいいおじいちゃんとおばあちゃんになって、

近所では有名な、ペアルックの老夫婦。

 

そんな、老後を送りたかった。

 

あなたと2人、年を重ねて、
どちらが先に逝っても、
その覚悟ができるくらい、色々な経験を積んで、

1人、また1人と、

静かに生涯を終えるものと思っていました。


私の夢は、ちょっと・・・贅沢すぎましたね。


でもね、大丈夫。

 

あなたと夢を叶えられなかった


なんて、泣いたりしませんよ。

 

いい事を思い付きました。

 

私が、この人生を全うし、そちらに逝く時には、

棺の中に、
そちらで、あなたと着るペアルックを入れてもらう事にします。

 

あなたは、おじいちゃんじゃないけれど、


まぁ・・・

いいじゃないですか。


一度くらい、付き合ってくださいね。

 

まだまだ先になりそうですが、
あなたとのペアルック、楽しみにしていますよ。

 

 

 

 

 

 

スタイリッシュなペアルック『stylestoker』